やっと週末に…

正月の飛び石連休が明け、ようやく公務員としての仕事が始まりました。二足の草鞋生活がいつまで続くのか分かりませんが、自分にとってこの生活は定番になっています。1週間の仕事から解放されて、やっと週末になった感覚が甦り、貴重な週末を創作活動に充てられる喜びに浸りました。それでも今晩は自分と関わりのある地域の賀詞交換会があって出席してきました。賀詞交換会には区長がきていて、来年は区政50周年を迎えることや、私が利用している近隣の駅の再開発や鉄道路線の地下化のことなどを話されていきました。開かずの踏切が何箇所かあって、地域では問題になっていたので、鉄道路線の地下化は有り難いなぁと思いました。今、まさに街が変わろうとしています。鉄道も東京渋谷や新宿まで時間が短縮され、交通網が一層便利になります。美術館やギャラリーに負担なく足を運べることは歓迎です。そのためにも老後も身体を常に健康に保たなければ、という思いに駆られました。工房では相変わらず陶彫をやっていて、彫り込み加飾の仕上げやら乾燥した陶彫部品の化粧掛けをやっていました。ともかくこの時期は寒くて手が悴んでいます。ストーブの前と作業台を行き来して暖を取っていますが、陶彫は水を使うので手の罅割れが酷くなっています。そろそろ木彫作業に切り替えたいと思っているところです。工房の窓から梅の木々が見えます。蕾が少しずつ膨らんできていて、梅の花が咲くのが楽しみです。工房に来ている若いスタッフは、梅の花が咲くまでに、自らの制作を完成させたいと言っています。私も小さめのテーブル彫刻のテーブル部分の切断を終わらせたいと考えています。明日も作業続行です。

関連する投稿

  • 恒例になった起床の辛さ 真冬になると朝早く起きるのが辛くなります。例年のことですが、起床する6時はまだ夜明け前で、カーテンを開けると外の景色はまだ暗いのです。仕事上の立場が変わっても、早朝に出勤することに変わりありません。 […]
  • 連休中に考えたアメ度&ムチ度 昨日のNOTE(ブログ)に休日出勤で三連休が完全に取れない事情を書きました。今日は朝8時から午後2時頃まで職場に出勤をして、夕方になって多少時間が取れたので工房に戻って制作をしました。明日は制作時間 […]
  • 新年の点景より 2013年になって2日目です。今朝から工房に行って制作を再開しました。窯の上にお供えをして、今年1年間の無事を火の神にお願いしました。昨日は朝早く母の実家で雑煮を食べて、昼ごろから東京赤坂まで初詣に […]
  • SW 墓参り&制作の日 午前中は家内と菩提寺に墓参りに出かけました。私は墓参りに対する意識が薄く、家内に言われるまで予定にありませんでした。祖父母や父が眠っているのに罰当たりな子孫です。墓参りは何のためにするのか、特定宗教 […]
  • 引き籠りの創作世界 旅行はせず自宅の地下室に籠って創作活動を展開したジョセフ・コーネル。近隣を散策し、書籍を漁ってはあらゆるものを収集し、それによって空想の旅に出ることが、即ち創作行為に結びついていた孤独な造形作家に自 […]

Comments are closed.