18’RECORDの方向性

昨日で休庁期間が終わり、今日から職場に復帰しました。職員もちらほら顔を見せ、新年の挨拶を行いました。今日はとくに打ち合わせも会議もなく、平穏な一日で終わりました。元旦から4日間が過ぎていますが、今年のRECORDの方向性を示そうと思います。今年のRECORDは月毎に画面構成のパターンを決めて、そのベースの上に絵柄を考える方法を取ることにしました。何もない画面に自由に発想することを今年1年間は止めました。画面のベースが予め決まっている方が、発想を容易く生むメリットがありますが、逆にデザインに手枷足枷を嵌めることで、苦しい状況に追い込まれることがデメリットになります。つまり、白い画面を眺めていて何もイメージが出てこない昨年の焦りから解放される反面、難しい境地に陥るだろうことは予想されるのです。何もない画面より汚れがあった方が絵にしやすいと言っていたのが、確かスペインの巨匠ミロだったように記憶しています。まさにその通りで、今年はそんな実験をやってみようと思っています。画面構成のパターンは2009年と2011年にもやっていますが、今年はさらにパターンを狭めていくつもりです。

関連する投稿

  • 9月RECORDは「互」 先月のRECORDの下書きが山積みされている中で、今月のRECORDも進行中です。毎晩3時間くらい、夕食後の食卓で今日のRECORDの制作と先月分の彩色や仕上げを行っていて、のんびりした夜の時間を過 […]
  • 5月RECORDは「隙」 「隙」は隙間という単純な意味から、不和であったり、油断することであったり、マイナスイメージを連想するコトバです。RECORDは視覚的な構成要素に置き換えるので、心理的な表現を追求することに、たとえば […]
  • 6月RECORDは「重」 今年のRECORDは、画面全体に文様パターンを持ち込んでいます。6月は同じ大きさの円が6つ並ぶ画面を設定しました。その円内にモノが重なっている状態をイメージして、円のデザインと融合するような作品を目 […]
  • RECORD奮闘中 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作ろうと決めたのは、2007年の2月でした。それから10年以上も毎日作り続けていますが、この小さな制作が習慣になっているとは言え、ウィークディの仕事が多忙な時や […]
  • 週末 個展準備が着々と… 先日の夜、カメラマンが自宅にやってきて、印刷が終わった個展の案内状を届けてくれました。昨日、職場外であった会議の後、ギャラリーせいほうに立ち寄り、案内状1000枚を届けました。個展準備が着々と進んで […]

Comments are closed.