制作に向う姿勢維持

休庁期間の2日目です。昨日から工房での生活が一日の大半を占めています。身分保障されている職場よりも、ある意味では厳しい緊張を強いられる空間です。若いスタッフが来ていますが、自己イメージの具現化に向けて基本的には孤軍奮闘でやっています。朝9時過ぎから夕方4時までが頑張る時間と決めています。昼前の空腹時に不思議と作品が進みます。スタッフとストーブの前で食事を取った後は、多少気分が緩くなりますが、それでもすぐに頑張りが戻ってきます。作業が終了する4時前が一番の頑張り時かなぁと思っています。作業が続くと手の罅割れが酷くなってきています。薬を塗りつつやっていますが、この時期は笠間あたりで陶芸をやっている友人たちは大変だろうなぁと思っています。制作に向う姿勢の維持は、この数日間は絶対に必要です。自宅に帰ると腰や肩や腕が痛くなっていたり、脚が筋肉痛になっていたりしますが、それでも今のところ意志が勝っているので、今年も目標が達成できるのではないかと思っています。困難な状況に陥った時に、創作を諦めたことは一度もなかったのかと若いスタッフに聞かれました。彼女は今年の春に大学院を出て、今が困難な状況にあるらしく、このところ工房でも必死に制作している様子が伺えるのです。私自身はそんな状況でも諦めずにやってきました。私にとって二足の草鞋生活は口で言うほど簡単なものではありません。ましてや今は重責な立場にいて、この立場と彫刻家を貫いているのは自分くらいかなぁと思っています。もちろん私自身が授かった人生の運もありますが、誰もやろうとしないのは、この道は決して楽ではないからです。年の瀬が迫り、今年を振り返っても二つの世界双方とも楽しいことばかりではありませんでした。でも、頑張った分、与えられたものも大きかったと思っています。今年も残すところ後一日、姿勢を維持していきたいと考えています。

関連する投稿

  • 休庁期間の始まり 毎年、休庁期間をどう過ごすのか、創作活動に没頭する中で制作目標を立てています。目標としては大きな陶彫の新作の床に這う根の部分の完成と、やや小さめの3点のテーブル彫刻のテーブル部分を作ることです。3点 […]
  • 陶彫加飾とRECORD 今日のタイトルはウィークディの夜に制作をやっている2つの作品のことです。まず、陶彫加飾とは成形が終わった陶彫部品の表面に彫り込みを加えていくことで、陶彫部品が集合した時に、彫刻全体に微妙な視覚効果を […]
  • 三連休 RECORD撮影日 三連休になりました。朝から制作のため工房に篭りました。今日はカメラマン2人がやってきて、RECORDの1年間分の撮影をする日になっていました。RECORDは毎日1点ずつポストカード大の平面作品を作っ […]
  • 三連休 陶彫成形「根」の完成 三連休の中日です。朝から工房で陶彫制作に明け暮れました。昨年暮れの休庁期間に立てた制作目標である陶彫の「根」部分16個の完成は、何とか今日出来上がりました。と言っても彫り込み加飾は明日行うので、実際 […]
  • 六本木の「狩野元信展」 昨日で閉幕した展覧会のことを書くのは躊躇されますが、期間ぎりぎりで飛び込んだ展覧会だったので、ご容赦願えればと思います。狩野派と言えば狩野永徳、そして狩野探幽が有名で、狩野元信は自分には未知の絵師で […]

Comments are closed.