テーブル彫刻のバリエーション

現在、新作として大きなテーブル彫刻を作っています。この作品は今年の夏に東京銀座のギャラリーせいほうで発表した「発掘~宙景~」の発展形です。今までNOTE(ブログ)に制作工程を書いてきたのは、専らこの大きな新作のことであって、個展ではこれに限らず、他にも3点ほど新作を発表する予定でいます。そろそろ他の3点にも着手しなければならない時期がやってきています。サイズは現在作っている新作より小さいものになりますが、いずれもテーブル彫刻です。テーブル彫刻のバリエーションを考えるのは楽しく、制作意欲が湧いてきます。現在イメージは既にあって、それをどう具現化するのかを考えています。1点目は正方形に近いカタチをもつテーブル彫刻で、テーブルの下部に吊り下がる陶彫部品のみで構成するため、テーブルの脚は4本で長めに設定しています。2点目は鋭利な三角形によるテーブル彫刻で、テーブル上部に尖がった陶彫部品を配置するものです。テーブルの脚は短めで、テーブル下部には何もありません。ただし、3本の脚はテーブルの上に突き出し、先端を尖らせる予定です。3点目のテーブルは曲線であり、テーブルの上と下に陶彫部品を設置します。陶彫部品は曲面のある有機的な形態を考えています。高さは前述2点の中間に位置する高さを考えています。脚は3本で曲線を描くカタチを考えています。この3点のテーブル彫刻は12月末の休庁期間に制作を開始しようと思っています。

関連する投稿

  • いつものように夜の工房通い 7月個展を控えた新作は、今までになく手間がかかっています。週末だけではやりきれず、ウィークディの夜の時間帯に工房で制作をしています。今晩も工房に行きました。乾燥した陶彫部品にヤスリをかけました。これ […]
  • 秋の深まる11月に… 11月になりました。いよいよ秋から冬に向かう季節が到来し、私はスーツにネクタイを締めて出勤しています。先月は創作活動を頑張った感じがしていますが、今月は果たしてどうでしょうか。先月のモチベーションの […]
  • 充実していた11月 11月の最終日になりました。今月を振り返ると、勤務を要しない日が10日間あり、創作活動に邁進していました。背の低いテーブル彫刻の天板の設置、テーブル上部に置く陶彫部品の仕上げと焼成、背の高いテーブル […]
  • 三連休 美術館&成形作業 三連休の中日です。今日も鑑賞と作業の二本立ての一日になりました。午前中は東京六本木の国立新美術館に家内と出かけ、自由美術展に出品されている池田宗弘先生の彫刻作品を見てきました。思えば師匠の池田先生に […]
  • 12月に期待すること 早いもので2016年も残すところ1ヶ月となりました。12月は先月以上に充実した1ヶ月にしたいと思っています。今月末には、今月から来月にわたる6日間の休庁期間があります。毎年この休庁期間をフル活用して […]

Comments are closed.