10月を振り返って…

10月最後の日になり、今月の制作状況や鑑賞のことなどを振り返ってみたいと思います。陶彫制作は、成形や彫り込み加飾が完成し乾燥を待っている作品が、今月は5個出来ました。当初は制作目標として8個の完成を目指していましたが、土錬機の不具合によって途中から陶土の混合が出来なくなり、それまで用意していた陶土を使って5個だけ作ったのでした。来月、新しい土錬機が信楽から搬送されてくるので、陶彫成形の続きはまたそこから始めようと思っています。鑑賞は充実していたと思っています。美術館開催の展覧会では「レオナルド・ダヴィンチ展」(そごう美術館)、「運慶展」(東京国立博物館)、「安藤忠雄展」(国立新美術館)、「戸谷成雄展」(武蔵野美術大学美術館)へ行ってきました。その他スタッフが出品していた「ポガティブ展」(多摩美術大学)や池田宗弘先生が出品していた「自由美術展」(国立新美術館)、女子美術大学や武蔵野美術大学の芸祭にも出かけました。映画では「セザンヌと過ごした時間」(シネマジャック&ベティ)を観てきました。職場では1年1回の職員旅行があって、週末が全て使えなかったことを考えると、この制作と鑑賞は頑張っていたと言ってもかまわないのではないかと思っています。その分、RECORDが厳しい状況です。下書きだけを日々作っていて、仕上げをしていない作品が食卓に積まれるようになってしまいました。前にも同じことがあって、やっと解消したにも関わらず、過去の反省が生かせない自分が情けないと思っています。読書も停滞しています。来月はRECORDと読書を何とかしたいと思います。

関連する投稿

  • 閏日に今月を総括する 4年に1度の閏日。この特別な日に今月を振り返ってみたいと思います。陶彫制作では窯入れを頻繁に行いました。電気代がかなり高くなるので、どのくらい窯入れをしたのか見当がつきます。その窯入れのために乾燥し […]
  • 鑑賞・制作とも充実した1ヶ月 今日で9月が終わりますが、夏季休暇明けの校務が始まっている中で、今月は鑑賞・制作とも充実した1ヶ月だったと思います。まず展覧会は「種村季弘の眼」展(板橋区立美術館)「発掘された日本列島」展(江戸東京 […]
  • GW③ 4月を振り返る ゴールデンウィーク3日目です。この三連休の後、2日間仕事で出勤し、また4連休があります。今日で前半のゴールデンウィークが終わりました。当初の制作目標ではこの三連休で「発掘~角景~」を完成させるはずで […]
  • 1月を振り返って… 今月は早かったなぁと思います。制作は週末を使って陶彫部品作りに明け暮れました。「発掘~宙景A・B~」に吊り下げる大きめの陶彫部品をいくつ作れたのだろうと確認中ですが、精一杯やっていたにも関わらず、焦 […]
  • 充実した8月を振り返る 8月の最終日を迎え、今月の制作状況や鑑賞したこと等を振り返りました。陶彫制作は残念ながら目標に達成せず、6点中2点しか出来ませんでしたが、テーブル彫刻の柱の木彫は8本彫り上がりました。というのは久し […]

Comments are closed.