26年度最初のイベント

新しい職場での最初のイベントがありました。自分にしてみれば今までの立場とは違い、挨拶を述べる場面が多く、推敲を重ねた文面を坦々と読み上げていましたが、やはり気疲れを覚えました。しっかり出来て当たり前、失敗は許されない状況の中で、濃密で緊張感溢れる時間を過ごしました。毎日少しずつ職場にも立場にも慣れていきます。明日もイベントがあります。これを乗り切れば、さらに職場に慣れるでしょう。ひとつのイベントを作り上げるため、職員の連携が欠かせません。本来は専門家集団である職員は一緒に仕事をする機会は少ないのですが、全員が組織的対応を身につけていて、自ら進んで動いてくれます。今の職場に限ったことではありませんが、横浜市は素晴らしい人材を登用していると言えます。今日のイベントから26年度がスタートしました。職場の責任者として、周囲の動きをしっかり見守っていきたいと思います。

関連する投稿

  • 週末 筋肉を保つために… 週末ごとに陶彫制作に取り組み、その陶彫部品を集めて大きな集合彫刻を作っています。今は7月の個展に向けて陶彫部品ひとつずつをエアキャップで包んで箱詰めをしています。梱包作業は来週まで続きそうです。昼間 […]
  • 平成30年度の式典イベント 私たちの業種は、年間に何回かイベントが予定されています。イベントは式典的なものと祝祭的なものに分かれます。察しのよい方は、私たちがどんな業種なのか分かっていられると思いますが、拡散を恐れて敢えて業種 […]
  • 社交性と内向性 社交性と内向性、自分はどちらかに偏っているとすれば、内向性だと思っています。公務員管理職としての立場があると、どうしても大勢の人の前で話をする機会や、情報交換等で人と交流する場面が多いのですが、私の […]
  • 「夏休み」気分になって… 今年の個展が終わり、私の気分としては「夏休み」になりつつあります。「夏休み」というのはとても響きの良いコトバだなぁと思っています。小学校、中学校、高校と夏休みを経験し、私もそれぞれ思い出を残してきて […]
  • 長かった1週間 今週より新年度が始まり、職場全体で行った式典的なイベントや、離任や退任、また着任に関わることがあって、私は役職としての挨拶が続く毎日でした。新しい体制が動き始めるこの時期は、とても長く感じました。職 […]

Comments are closed.