26年度最初のイベント

新しい職場での最初のイベントがありました。自分にしてみれば今までの立場とは違い、挨拶を述べる場面が多く、推敲を重ねた文面を坦々と読み上げていましたが、やはり気疲れを覚えました。しっかり出来て当たり前、失敗は許されない状況の中で、濃密で緊張感溢れる時間を過ごしました。毎日少しずつ職場にも立場にも慣れていきます。明日もイベントがあります。これを乗り切れば、さらに職場に慣れるでしょう。ひとつのイベントを作り上げるため、職員の連携が欠かせません。本来は専門家集団である職員は一緒に仕事をする機会は少ないのですが、全員が組織的対応を身につけていて、自ら進んで動いてくれます。今の職場に限ったことではありませんが、横浜市は素晴らしい人材を登用していると言えます。今日のイベントから26年度がスタートしました。職場の責任者として、周囲の動きをしっかり見守っていきたいと思います。

関連する投稿

  • 恒例の従兄弟会 正月は親戚が集まって旧交を温めるのが、日本の慣習になっています。最近は一人で正月を過ごす人が多くなって、古来からの正月の風景も変わりつつあります。それでも家族揃ってどこかへ出かける様子を見ると、年始 […]
  • 土曜出勤の一日 私の職場では年間何回かは休日出勤の日を設けています。今日の土曜出勤は今月25日(月)と差し替えています。天皇誕生日の23日からクリスマスの25日までを三連休にしたいという職員の要望があって、今回の措 […]
  • 三連休に休庁期間のことを考える 12月29日から1月3日までの6日間が休庁期間となり、この時期は年越しで気持が改まる時でもあります。職場では地方に郷里があれば実家に帰る職員もいます。私は横浜生まれの横浜育ちなので、里帰りに縁があり […]
  • やっと週末に… 正月の飛び石連休が明け、ようやく公務員としての仕事が始まりました。二足の草鞋生活がいつまで続くのか分かりませんが、自分にとってこの生活は定番になっています。1週間の仕事から解放されて、やっと週末にな […]
  • ほうとう鍋を囲んで… 職場独自で設定した三連休の前日に、職員全員と会食する機会を持ちました。私はこの職場では定番になっている管理職の大鍋提供サービスを行いました。今日作ったのは山梨県の郷土料理ほうとうです。ほうとうは、戦 […]

Comments are closed.