新しい職場での出発会

私が今月から勤務している職場は、男女比率や年齢バランスのとれた大変居心地の良い職場であることがわかってきました。職員同士の仲も良いので、私の提案を職場の宴会幹事が快く受けてくれて、今日の勤務時間後に懇親会をもつことに急遽決めました。急にも関わらず8割近い職員が参加してくれました。出発会で感じたことは仕事に対して意欲的な職員が多いことでした。これは管理職としてはとても嬉しいことで、ともあれ安心をしました。この集団のためにあらん限りの力を尽くそうと決めました。自分が赴任したとき、どんな職員集団なのかが一番気にかかります。意欲の薄い自分勝手な人がいると、どのように対応するかを考えて、私は窮地に追い込まれることになってしまいかねません。一緒に仕事をする以上、気持ちよくやりたいものです。そういう意味で今回の出発式で、職員たちと懇親を深められたのは良かったと思っています。

関連する投稿

  • 恒例の従兄弟会 正月は親戚が集まって旧交を温めるのが、日本の慣習になっています。最近は一人で正月を過ごす人が多くなって、古来からの正月の風景も変わりつつあります。それでも家族揃ってどこかへ出かける様子を見ると、年始 […]
  • 土曜出勤の一日 私の職場では年間何回かは休日出勤の日を設けています。今日の土曜出勤は今月25日(月)と差し替えています。天皇誕生日の23日からクリスマスの25日までを三連休にしたいという職員の要望があって、今回の措 […]
  • 三連休に休庁期間のことを考える 12月29日から1月3日までの6日間が休庁期間となり、この時期は年越しで気持が改まる時でもあります。職場では地方に郷里があれば実家に帰る職員もいます。私は横浜生まれの横浜育ちなので、里帰りに縁があり […]
  • やっと週末に… 正月の飛び石連休が明け、ようやく公務員としての仕事が始まりました。二足の草鞋生活がいつまで続くのか分かりませんが、自分にとってこの生活は定番になっています。1週間の仕事から解放されて、やっと週末にな […]
  • ほうとう鍋を囲んで… 職場独自で設定した三連休の前日に、職員全員と会食する機会を持ちました。私はこの職場では定番になっている管理職の大鍋提供サービスを行いました。今日作ったのは山梨県の郷土料理ほうとうです。ほうとうは、戦 […]

Comments are closed.