週末 母の介護施設契約

今日は工房での制作は出来ないかなぁと思っていました。職場関係の打ち合わせが入り、休日返上で3時間会議を行いました。休日にやらなければならない理由があったのですが、今の時点で理由は公表できません。それを済ませた後、一旦自宅に戻り、母を連れて介護施設に行きました。先日見学した近隣の介護施設の条件が合って、母はそこに入所することに決めたのです。その契約を今日やりました。当初母は家内に介護施設に入らないと言っていたそうですが、家内が上手に説得して今日を迎えました。母は引越しをしたことがありません。当時農家だった相原の家に嫁に来て以来、ずっと相原の家を守ってきました。あの頃の相原の家には牛や鶏が飼われていたり、アヒルや犬や猫がいました。稲穂が実る季節には庭先で脱穀をやっていました。祖父が宮大工だったため木材置き場もありました。母は東京蒲田の都会から嫁に来て、農家の環境に苦労して適応し、さらに何十年も馴染んできたのですから、介護施設のような集合住宅に拒否反応を示したのは当然と言えば当然だったのです。当面は実家と介護施設を行き来する生活をすることによって、少しずつ介護施設に馴染むようにしました。88歳の母にずっと健康でいて欲しいと願うばかりです。

関連する投稿

  • 週末 若いスタッフの結婚式 相原工房に出入りしている若いアーティストを、私はスタッフと称しています。折に触れ、私の作品の手伝いをしてくれますが、助手ではないのでアシスタントとは呼べません。彼らは通常、相原工房で自らの作品を制作 […]
  • 平成30年度の大鍋コミュニケーション 私の職場に新しい職員たちがやってきました。人と人とのコミュニケーションは食事から始まるというのが、私の組織融合論です。それは理屈ではなく、まず一緒に鍋を囲みましょうと誘うのです。仕事が終わってからの […]
  • 平成30年度の式典イベント 私たちの業種は、年間に何回かイベントが予定されています。イベントは式典的なものと祝祭的なものに分かれます。察しのよい方は、私たちがどんな業種なのか分かっていられると思いますが、拡散を恐れて敢えて業種 […]
  • 七夕飾りで心に潤いを… 職場で笹に願い事を吊るす七夕飾りを作ろうという動きがありました。七夕は節句のひとつで、元来は中国の行事であったものが、奈良時代に我が国へ伝わったようです。七夕を調べてみると、中国には乞巧奠(きこうで […]
  • 社交性と内向性 社交性と内向性、自分はどちらかに偏っているとすれば、内向性だと思っています。公務員管理職としての立場があると、どうしても大勢の人の前で話をする機会や、情報交換等で人と交流する場面が多いのですが、私の […]

Comments are closed.