週末 素材との対話

職場の残務整理のことが頭を過ぎりつつ、今日は朝7時から夜7時まで工房に篭りました。明日は別の用事があって制作三昧とはいかないのです。「発掘~層塔~」の残り陶彫部品が10個となっています。今日はそのうち7個の成形を終わらせました。彫り込み加飾には至らなかったのですが、今日のところは限界です。焦りがあるせいか、余計な雑念が頭から消えて、何かに追い立てられるように身体が動き、休まず作業を続けました。以前からその境地に達していますが、今日も作品しか見えていない状況で、時間も空間も消え失せていました。今日の作業を終えて、創作とは何だろうと改めて自分に問いかけてみました。確かなことは快い悦びがあることです。苦行の果てに悦びがやってくるという短絡的なものではありません。制作の苦しさは気持ちに超えられない壁がある時に感じるもので、今日のような状況は苦しささえ感じないのです。自分の眼前には自分が何かを仕掛け、仕掛けられることによって何かになろうとしている陶土があるというもので、これを素材との対話と言うのでしょうか。素材を丸ごと受け入れている感じが付き纏い、自分の感覚と素材が一体化していると自覚しています。素材を力ずくで捻じ伏せていた若い頃の感覚とも違い、これは本当に気持ちの良いものです。今日は密度の濃い時間を過ごせたのではないかと思っています。

関連する投稿

  • 週末 工房という環境の中で… 今日は日曜日ですが休日出勤がありました。出勤は午後の数時間でしたが、陶彫制作で昨日から始まった大きな部品の再制作を止めるわけにもいかず、午前中の時間と職場から帰った夕方の時間を充てて制作をしました。 […]
  • 週末 陶彫成形が佳境 今日も制作三昧の一日でした。とは言うものの昨日と今日は職場にちょっと顔を出さなければならない用事もありました。それを挽回するかのように長い時間を工房に留まって制作をしました。新作の成形が佳境を迎えて […]
  • 週末 陶彫らしい作業 その2 昨日に続いて朝から工房で陶彫らしい作業に明け暮れました。今日の作業は乾燥した大きめの陶彫部品7点を仕上げ、化粧掛けを施す作業でした。これは創作的な行為とは言えず退屈な工程ですが、窯入れ前に必ず行うも […]
  • 梅雨の中休み 昨日と今日は真夏日になりました。節電のことが脳裏を過りますが、30度を超える暑さの中では職場での仕事に支障がでるため28度設定のエアコンを入れています。まだ横浜は梅雨明けにならず、週末に向かって雲行 […]
  • 週末 共有する制作時間 10月最初の週末です。私は「発掘~群塔~」の陶彫による10体の塔の上部に挑みます。まず、陶土を土錬機にかけて土練りするところから始めました。それからまず初めの1体を作ってみました。先月作っておいた下 […]

Comments are closed.