三連休 残り10点をどうしていくか

三連休最終日を迎えました。朝から夕方まで工房で制作に没頭しましたが、精神的な疲れが出て、残り10点はそのまま次回に持ち越しになりました。昨日、成形を終えた6点に彫り込み加飾を行い、乾燥した別の4点に仕上げと化粧掛けを行いました。夜に窯入れし、今日の制作に幕を引きました。この三連休はいつもより頑張ったのですが、事実上のゴールが見えている今となっては、どんなにやっても足りません。残った10点はやや小さめの部品ですが、手間がかかることに関しては、作品の大小は関係ありません。焦りが精神を研ぎ澄ませ、作品以外の全てが視界から消える瞬間が何度もやってきました。自分はこんな瞬間が大好きです。休憩をしようと思っても、気持ちがどんどん先へいってしまう瞬間です。冷静ではないと自覚していますが、若い頃と違って手元が狂うことはなくなりました。ひとつひとつの陶彫部品をしっかり終わらせて次へ進んでいくことに慣れてきたのかもしれません。時間も空間もなくなって、ただ作品と対話している至福のひと時とも言えます。しかし、時は待ってはくれません。どうしていくのか今後の予定にかかっています。今週は窯入れをしたので3日間は工房に行けません。週後半は夜の時間帯に制作に励もうと思います。

関連する投稿

  • 陶彫加飾とRECORD 今日のタイトルはウィークディの夜に制作をやっている2つの作品のことです。まず、陶彫加飾とは成形が終わった陶彫部品の表面に彫り込みを加えていくことで、陶彫部品が集合した時に、彫刻全体に微妙な視覚効果を […]
  • 三連休 新作の制作目標 今日から三連休です。現在取り組んでいる陶彫の新作は2点あります。大きい作品は擂り鉢状の円形をした作品です。もうひとつは絵画的な構成から発展した作品で、擂り鉢状の作品に比べて、小さいスケールで作ってい […]
  • 週末 小さな球体作り 今日は朝から工房に行って制作に没頭しました。平面的な新作に設置する10個の球体陶彫のうち、成形は8個完成し、そのうち3個に彫り込み加飾を施しました。球体陶彫は小さいので、彫り込み加飾に手間がかかりま […]
  • 2019年 陶彫制作の再開 昨日は実家の小さな祠に鎮座する稲荷に行ったり、母がいる介護施設を訪ねたり、東京赤坂の豊川稲荷に初詣に出かけて護摩を焚いてもらったりして、工房に立ち寄ることがありませんでした。昨年のNOTE(ブログ) […]
  • 週末 内環成形の難しさ 今日も工房で制作三昧の一日を過ごしました。昨日に続き若いスタッフも来ていました。天候が不安定で雨が降ったりしましたが、気温は暖かく工房室内は快適でした。新作である擂り鉢型の大きな作品に相変わらず挑ん […]

Comments are closed.