最大のイベントを迎えて

自分にとって年間の中での最大のイベントは、毎年夏に企画していただいているギャラリーせいほうでの個展です。横浜市公務員としての最大のイベントは、個人の仕事ではなく組織的対応を要するもので今日実施されました。職場はそれぞれ専門職である職員で構成されています。今日は専門を超えて職員全員が一致団結し、ひとつのイベントを作り上げる日でした。自分の役目は縁の下をまとめることで、会場準備の監督や来賓の接待を行ないました。私は今までいくつかの職場を渡り歩いてきましたが、いずれの職場も大きなイベントには協力体制が組まれていて、滞りなくイベントをやっていました。そういう意味で私たちの業種は主体的に動く方々が多い職場だなぁと思っています。今日は1年間の大きなケジメを行ったと言っても過言ではありません。職員全体のパワーが感じられた一日でした。個展は個人としての評価を受ける場です。それは全てが個人の責任として自分の身に降りかかります。職場は組織としての責任が生じますが、そこを束ねる管理職が責任を取ることがあります。これも言うなれば個人の責任に帰することが多いのです。今日のイベントは成功に終わりました。携わった全ての人々に管理職として感謝申し上げます。

関連する投稿

  • 週末 若いスタッフの結婚式 相原工房に出入りしている若いアーティストを、私はスタッフと称しています。折に触れ、私の作品の手伝いをしてくれますが、助手ではないのでアシスタントとは呼べません。彼らは通常、相原工房で自らの作品を制作 […]
  • 平成30年度の大鍋コミュニケーション 私の職場に新しい職員たちがやってきました。人と人とのコミュニケーションは食事から始まるというのが、私の組織融合論です。それは理屈ではなく、まず一緒に鍋を囲みましょうと誘うのです。仕事が終わってからの […]
  • 平成30年度の式典イベント 私たちの業種は、年間に何回かイベントが予定されています。イベントは式典的なものと祝祭的なものに分かれます。察しのよい方は、私たちがどんな業種なのか分かっていられると思いますが、拡散を恐れて敢えて業種 […]
  • 七夕飾りで心に潤いを… 職場で笹に願い事を吊るす七夕飾りを作ろうという動きがありました。七夕は節句のひとつで、元来は中国の行事であったものが、奈良時代に我が国へ伝わったようです。七夕を調べてみると、中国には乞巧奠(きこうで […]
  • 社交性と内向性 社交性と内向性、自分はどちらかに偏っているとすれば、内向性だと思っています。公務員管理職としての立場があると、どうしても大勢の人の前で話をする機会や、情報交換等で人と交流する場面が多いのですが、私の […]

Comments are closed.