Spazierenの文字入りRECORD

Spazierenはドイツ語で「散歩をする」という意味です。20代の頃にウィーンで暮らしていた時は、毎日Spazierenしていました。Spazieren以外にすることがなかったと言った方が正確なところで、あらゆる時間帯に旧市街を歩きました。こんなことが記憶に刻印され、西欧の構築された街並みが帰国後もイメージとして現われていると言っても過言ではありません。当時の自分は洒落た感覚で散歩をしていたわけではなく、造形表現のことばかり考えながら、デコボコした石畳を歩いていたのでした。画廊のガラス越しに見る流行の美術作品に刺激も受けました。バロックやゴシック建築が異国からきた自分を拒むように佇んでいました。カフェを楽しむ余裕がなかったのが残念ですが、その時に感じていた理想的なSpazierenをRECORDにしてみたいと思いました。Spazierenの文字をRECORDの画面に入れました。文字入りの絵画作品を作るのは初めてです。洒落た版画にはセリフのように文字が入っている作品があります。自分は無骨になるのを承知で文字入りRECORDをやってみました。

関連する投稿

  • 銅版画への憧れ 学生時代、自分はドイツ表現派の色濃い木版画に夢中になっていて銅版画をきちんとやらずに卒業してしまいました。当時、銅版画を制作していた後輩の技法的なアイディアが気に入って、いつかそのアイディアで自分も […]
  • 複数の表現媒体をもつ 手元に「月歩き」(庄司利音著 […]
  • 2月RECORDは「塊」 今月のRECORDのテーマを「塊」に決めました。彫刻をやっている者にとっては極めて安易なテーマです。いくらでもイメージが湧いてきますが、抵抗が無さ過ぎて自己を深める表現に繋がらない嫌いはあります。作 […]
  • 9月RECORDは「渦」 今月のRECORDのテーマを「渦」にしました。渦巻紋や直弧紋のことを先日来よくNOTE(ブログ)にアップしていますが、実際に図版資料をもとにキュビズム紋と言われる直弧紋を自分なりに試みてみたい意欲に […]
  • 創作絵本「ウド」の思い出 学生時代、彫刻を学ぶ傍らビジュアルな表現に興味を持ち、手製の絵本を作りました。当時好きだったドイツ表現派のモノクロの木版画を発想の源にして、数ページにわたる創作話を考え、文字のない絵本にしようと企画 […]

Comments are closed.