3月RECORD「散歩する気まぐれ美神たち」

3月のRECORDのテーマを「散歩する気まぐれ美神たち」にしました。自分はエスプリの効いたイラスト風の絵を描くのが得意ではありません。どちらかと言えば彫刻的な構造を持つがっしりした描写が得意です。以前のRECORDで遊び心に通じる気儘な線描を試みたことがあります。洒落たニュアンスを表現するには、どうしたらいいのか思いを巡らせながら、自分崩しをやってみました。参考にしたのはミロやクレーを初め版画家の故池田満寿夫氏や山本容子氏等々の素描で、どうしたらあの雰囲気が出せるののだろうと憧れにも似た気持ちを持ちました。もともと自分にはない感覚なので、無理強いして何とかなるものではありませんが、軽快で詩情を醸し出す画風に羨望の眼差しを持っています。ますます春めいてくる3月のRECORDではそんな思いを表現してみようと思います。

関連する投稿

  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • RECORDは「縦縞」 一日1枚ずつ葉書大の平面作品を作っているRECORD。一昨年から始めているので1000点を超える量になっています。3年目の今年は毎月パターンを決めて、その中で展開できるようにしています。8月のパター […]
  • 13‘RECORD 4月・5月・6月分アップ 昨日のRECORD3200点達成の話題に続いて、今日もRECORDのことを書きます。私のホームページに2013年4月分~6月分のRECORDをアップしました。2013年の年間テーマは漢字一文字で表し […]
  • 竹橋の「パウル・クレー展」 パウル・クレーという画家名が新聞の展覧会欄に載っていると、必ず展覧会に行きたくなるという癖が自分についてしまいました。何度クレーの絵画に触れたことか、滞欧生活の頃から考えると数え切れません。クレーは […]
  • 活字離れの反動 職場まで自家用車で通勤し、しかも超過勤務の毎日。たまに帰りがけにスポーツクラブに行って水泳で身体を保ち、帰宅すると「365点の連作」を作ったり、このブログを書いたり。こんな毎日の生活で犠牲になってい […]

Comments are closed.