週末 久しぶりの制作&美術館

今日は朝から工房に篭って制作三昧でした。成形を5点やりましたが、今週は夜に工房に出かけて彫り込み加飾を行う予定です。そのために窯入れを敢えてやりませんでした。電力の関係で窯に作品を入れて焼成を行うと、他の電気が使えなくなるからです。夜の作業には照明や暖房が必要なため今週は焼成サイクルを1回休みます。夜の作業だけではなく、もうひとつの理由は、週2回の焼成を行っていくと成形部品の乾燥が間に合わないことになり、暫し成形の制作を中心にしたサイクルに切り替えようとしているのです。そんなわけで今週は可能な限り帰宅後に工房に出かけようと思っています。今日は作業を早めに切り上げ、夕方久しぶりに家内と美術館に出かけました。地元の横浜美術館で開催している「魅惑のニッポン木版画」展を見に行ったのです。木版画は大学時代にドイツ表現主義の影響で、自分も大きな版木を使って具象傾向のモノクロ版画を作っていました。そんな関係があって木版画には特別な思い入れがありました。「魅惑のニッポン木版画」展は期待通りの面白さで、見にきてよかったと思いました。感想の詳細は機会を改めます。今日は充実した一日でしたが、時は既に3月です。今後を考えると厳しい状況は変わっていません。少しでも作品を先に進めたいと思っています。

関連する投稿

  • ハウス デア クンストとレンバッハ美術館 アルテピナコテークを観たその日にハウス デア […]
  • シュマイサーの連作版画について 「私の作品を流れている主題は、変化ー人間に、物あるいは風景に、あるいは私に繰り返し起こった変化だ。版画がもつ可能性のうちで、最も魅力的なもののひとつがステートだ:版を刷り、さらに手を加え、変更し、ま […]
  • 町田の「ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅」展 ドイツの版画家ヨルク・シュマイサーの作品を知ったのは、今を遡ること40年も前になります。シュマイサーが暫く京都に滞在していたこと、奥様が日本人で、私が学生だった頃は、オーストラリアに行ってしまったこ […]
  • 東京駅の「月映」展 「月映 […]
  • 三連休③ 美術館巡り&ビール祭り 三連休の最終日になりました。今日は工房へは行かず、家内と東京と横浜の美術館を巡ることにしました。師匠の池田宗弘先生は自由美術協会の会員で、例年この時期に先生から招待状が届きます。そこで今日が自由美術 […]

Comments are closed.