古いフォークソングを聴きながら…

自宅の食卓でRECORDを制作しながら、古いフォークソングを聴くのが習慣になっています。自分の学生時代に流行った唄ですが、それでも当時は一般的な流行歌ではないどちらかと言えばマニアックな唄ではなかったかと記憶しています。それは小室等の「私は月には行かないだろう」や「父の唄」等で、CDの復刻盤を最近購入したのです。ドーナッツ盤は自宅の屋根裏に眠っていますが、レコードプレイヤーがないので聴くことができません。高校時代に初めて和製フォークソングを聴いて、忽ち魅力に取り憑かれてしまいました。小室等は現代詩に曲をつけて歌っていて、当時現代詩が好きだった自分は、その斬新さに驚きました。詩人の大岡信や谷川俊太郎、茨城のり子、吉増剛造等の詩は当時からよく知っていて、詞ではなく詩に曲をつければ、リピートのない、つまり1番も2番もない曲になってしまいますが、それでも原語感覚が失われることのない曲想に納得していました。自分の中では古いフォークソングは、決して古くなることはなく今だに生き続けていて自分の心を癒してくれます。思えばこうしたフォークソングから知り得た詩人もいました。美術評論家としても有名だった大岡信もその一人です。大岡信の言語感覚に大学時代の自分は共感を覚えました。見れば自宅の書棚には当時買い求めた詩集がどっさり眠っています。時間が出来たら当時の振り返りをしたいと思うこの頃です。

関連する投稿

  • 週末 墓参りと新作準備 家内の亡父が17回忌となり、今日は横浜の久保山墓地に花と線香を手向けに出かけました。親戚も高齢化してなかなか集まれない状況の中で、私たちだけでも墓参りをしてきたのでした。横浜市南区にある久保山墓地は […]
  • 週末 制作&軽スポーツ 五十肩になってから暫くスポーツをやっていません。以前は近隣のスポーツ施設へ行って水泳をしていました。まだその施設の会員のままでいますが、会費を収めても1年以上放ったままでいるので、休会するか止めるか […]
  • 自分を取り戻す時間 私は一日1点ずつ小さな平面作品を作っていて、RECORDと名づけています。言わば毎日の記録です。日記のように作品を作っていくコンセプトで始めたRECORDでしたが、気楽に作品を作れない私の性格のせい […]
  • 母を連れて病院へ… 今日は午前中年休をいただいて、職場ではなく母親の用事を済ませてきました。母は90歳を超える年齢ですが、まだ元気に過ごしています。自立型の介護施設に入居していますが、時折実家に帰ると言い出すので、実家 […]
  • 「いま生きているということ」 谷川俊太郎作詞、小室等作曲による「いま生きているということ」というフォークソングがあります。昨日NOTE(ブログ)を書いていて、ふと頭に浮かんだ唄です。…「♪生きているということ いま生きているとい […]

Comments are closed.