他愛のない夢を思う

私は自分の工房を持つことが若い頃からの夢でした。相原工房は今の自分にとって申し分のない空間で、そこに創作意欲と癒しの両方を感じ取ることができるのです。ところが欲望は限りないようで、夢でまるで違う工房の空間を見ることがあります。古板を張った床、白い壁に碁盤状になった棚、天井は鋼管剝き出し、机は古木、細い鋼鉄を加工した椅子、数え上げればキリがないほど充実した空間に自分が住んでいるのです。かつてNOTE(ブログ)に書いた記憶がありますが、このところまたそんな夢を見ています。夢の中で人は登場しませんが、その空間のイメージはどこからくるのか、どこかで見た部分の組み合わせには間違いはありません。たとえば工房の扉には金属の取っ手がついていますが、これは横須賀のカスヤの森美術館の扉にあった取っ手です。また錆鉄で出来た自分の彫刻の雛型が棚に飾ってあって、直方体や立方体に負の人体が刻まれた作品は、かつて見た夢の作品の続きのようなのです。新作のイメージは制作中にふと湧いてきますが、それとは別に理想とする空間願望が夢に現れると言ったらいいのでしょうか。他愛のない夢とは言え、あまりにも具体的で不思議なイメージに自分は半ば戸惑い、半ば酔っています。

関連する投稿

  • 待ち遠しい週末 現在の仕事のせいか週末が待ち遠しくてなりません。公務員初任の頃も同じ気分でした。仕事に慣れ、また仕事が面白くなってから週末を心待ちにすることはなくなりましたが、現在の気持ちは初任の頃に戻っています。 […]
  • 不安定な日常の小さな安定 横浜市の公務員でありながら不安定な日常とはどういうことか?と叱られそうな書き出しですが、収入が安定しているとはいえ、心が満ち足りているとは限りません。もちろん経済的な安定は生活していく上で必要なこと […]
  • 鑿を振るう 木材に鋸をあてながら丸鑿を振るい、余分な木屑を落とします。単純で健康的な作業です。やっとたどり着いた工程です。イメージし、デッサンし、雛型を作っては試作を繰り返し、なんとか実寸で作り始められたと言っ […]
  • 夢で見た部屋 家内はよく夢を見るようで、寝起きにこんな夢を見たと自分に語る時があります。自分はほとんど夢は見ません。または朝になると忘れてしまうのかもしれません。詩人瀧口修造の文章に夢の記述をしたことが書かれてあ […]
  • 雛型制作に対する欲求 ウィークディは公務員、週末は彫刻家として余裕のない日々を過ごしている自分ですが、時間があれば工房内の室内環境を整えたり、倉庫の効率化を図ったりしたいと願っています。さらに願うことは雛型を多く作ってみ […]

Comments are closed.