週末 ものもらいになった日

数日前から左目に違和感がありました。昨日から左目の瞼が膨れ始め、ものもらいになりました。ウィークディの仕事が最近厳しいので、その疲労かなぁと思っていますが、原因ははっきりしません。ウィークディと週末、それぞれやるべきことは異なっても神経を使う仕事であることに変わりありません。そんなことで体力が消耗していたのかもしれません。片目が思うように開けないのは何といっても不自由です。しかも人相が変わってしまっていて、ただでさえ悪人顔をしている自分は、もうそれこそ極悪人のような風貌になってしまいました。職業柄他人の目を避けることは出来ず、明日は職場の説明会会場で話さなければならないことがあって、ものもらいには眼帯は不要ですが、人の目を気にして眼帯をしていくべきか迷っています。職場のイメージダウンになるのは、どうしても避けたいのです。左目が不自由でも創作活動は待ったなしで、今日も朝から夕方までやっていましたが、昨日降り積もった雪が明日の通勤に影響することを考えて、工房を早めに切り上げて、自宅に接する道の雪かきをしました。左目の瞼が重いので、雪かきをしていても反対の右目が疲れます。困った事態になりましたが、仕方ありません。しばらくは極悪人顔の心優しき管理職を務めていこうと思います。

関連する投稿

  • SW 墓参り&制作の日 午前中は家内と菩提寺に墓参りに出かけました。私は墓参りに対する意識が薄く、家内に言われるまで予定にありませんでした。祖父母や父が眠っているのに罰当たりな子孫です。墓参りは何のためにするのか、特定宗教 […]
  • 新年の点景より 2013年になって2日目です。今朝から工房に行って制作を再開しました。窯の上にお供えをして、今年1年間の無事を火の神にお願いしました。昨日は朝早く母の実家で雑煮を食べて、昼ごろから東京赤坂まで初詣に […]
  • 引き籠りの創作世界 旅行はせず自宅の地下室に籠って創作活動を展開したジョセフ・コーネル。近隣を散策し、書籍を漁ってはあらゆるものを収集し、それによって空想の旅に出ることが、即ち創作行為に結びついていた孤独な造形作家に自 […]
  • 週末 若いスタッフの結婚式 相原工房に出入りしている若いアーティストを、私はスタッフと称しています。折に触れ、私の作品の手伝いをしてくれますが、助手ではないのでアシスタントとは呼べません。彼らは通常、相原工房で自らの作品を制作 […]
  • 体調不良の日々 最近は胃腸が重いと感じることがあって、近隣のスポーツ施設に行くことを控えていたり、夜の工房に行くこともしていません。自宅でゆっくり身体を休めていると体調が戻ってきます。原因は制作かなぁと思っています […]

Comments are closed.