トラ吉を見て我が身を思う

飼い猫のトラ吉は最近寝てばかりいます。元来猫はよく寝る動物ですが、寒い日は起きてきません。若干暖かくなると、元気に飛び回っているので、気候の変化を飼い主よりも敏感に察知しているんでしょう。人間は気候の変化をものともせず、労働に勤しんでいて、そのせいか体調が不良になったり、気分が優れなかったりしています。気候の変化は自分が認知している以上に、身体に負担をかけているのかもしれません。トラ吉を見ていると、気候の変化に逆らわずに生きていて、可能なら自分もそうしたいと思ってしまいます。ペットを見て癒されるのは、人間の勝手な視点であって、ペットの側から言えば、与えられた環境に順応して必死に生きていると言っていいでしょう。人間の勝手な思い込みがペットにとって都合がいいのかどうかはわかりません。偶然に拾ったトラ吉は家の中で飼われ、定期的にエサが与えられ、柔和な環境で育っています。野性の本能は不要になり、自然における外敵と戦うこともありません。人間はこれを猫の幸福と理解していますが、果たして猫にとってどうなのでしょうか。学習はするけれど理性のない猫には眼前の事象が全てであって、そこには過去の振り返りも未来への展望もありません。ただ環境が厳しければ寿命が短く、外的刺激が少なければ長く生きるというように、これも自然の摂理だろうと思います。人間もストレスが少なければ同じように長寿を全うできるのかもしれません。

関連する投稿

  • ドキュメンタリー番組で知る闇の世界 昨日、職場に送られてきている朝日新聞のテレビ欄の記事に注目しました。衛星放送で「馬三家からの手紙」を放映するというもので、その内容に戦慄を覚えました。私は中国の労働教養所の存在を知らず、21世紀にな […]
  • 映画「万引き家族」雑感 昨晩、常連にしている横浜のミニシアターに映画「万引き家族」を観に行ってきました。映画の帰りは家内と映画の話題が尽きず、この映画がそれだけ面白かった証なのだと思いました。足の踏み場もない雑多な家具什器 […]
  • 映画「懺悔」雑感 ジョージア(グルジア)映画「祈り […]
  • 「プロジェクション・マッピング2018」実施 今日、職場で文化を中心に据えたイベントがありました。毎年このイベントのオープニングでは、職場のチームが制作したプロジェクション・マッピングを流しています。今年で3年目になります。私の職種では市内での […]
  • RECORD奮闘中 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作ろうと決めたのは、2007年の2月でした。それから10年以上も毎日作り続けていますが、この小さな制作が習慣になっているとは言え、ウィークディの仕事が多忙な時や […]

Comments are closed.