2月をどう過ごす

2月になりました。寒さが少しずつ和らいできたように思います。梅の花が咲きだす頃になれば風情も増しますが、今のところはまだ冷え込む日が続いています。工房のストーブは欠かせません。さて、制作状況ですが、「発掘~層塔~」の陶彫部品作りに焦りを感じています。全体の3分の1が出来てきたところでしょうか。焼成は頻繁に行っていて、窯の中が空くことはありません。このまま作り続けないと間に合わなくなります。2月もペースダウンすることなく、ひたすら作っていきます。まだ「発掘~層塔~」全体を把握するところまで至らず、全体を眺められるのはいつになることやら、気持ちばかりが空回りしています。こんな時ほど着実にやっていきたいところです。RECORDは難しい年間テーマを掲げてしまったので、悩むことが多いと感じます。コトバを捻り出すのが至難の業ですが、RECORDにコトバを添えて、一つの世界を作りたいので、ここが頑張りどころです。読書は引き続きショーペンハウワーの大著に挑んでいきます。ショーペンハウワー曰く「誰でも自分の心中に涸れることなき苦悩の泉をかかえて生きている」。まさにその通りで、困惑した状況を満たそうとするのが幸福への道のりであるなら、たとえ完全に満たされることがないにしても、先へ進んでいくことだとショーペンハウワーの大著では謳っています。今月も先へ進もうと思います。

関連する投稿

  • 週末 作業と会話 久しぶりに週末になった実感が今日はありました。ウィークディの仕事が厳しかったことが、この実感に繋がっていると思っています。創作活動も厳しい局面を迎えているのですが、またウィークディの仕事とは意識が異 […]
  • 週末 土練とコトバと… 今日は朝から工房で制作です。相変わらず残暑が厳しく工房内は熱が篭っていました。今日は先日から作っている大きな陶彫部品の仕上げに入っています。果たしてこのまま乾燥させて成功するのかどうか、体積の大きさ […]
  • 窯を開ける瞬間に思うこと 陶彫制作の最終段階である焼成。窯に作品を入れた時から、窯の中が気になって仕方がないのです。今回の窯入れは、自分の作品では最大の大きさで、窯内に隙間がほとんど出来ません。しかも乾燥中にヒビが数箇所見つ […]
  • 寒い2月に思うこと… 2月になりました。昨年の2月1日は「RECORD」制作の第一歩でした。また今日からセカンドシーズンの第一歩が始まります。彫刻の新作も考え始めています。陶彫ランプシェードは既に制作が始まり、成形が終わ […]
  • 初めてのノートです。 はじめまして。陶や木を素材にして作品を作っている相原裕です。ホームページに作品や作品制作にまつわるコトバを掲載してまいります。こういう方法で日頃考えていることや感じていることを表現すること、また工房 […]

Comments are closed.