群塔と波紋によるイメージ

週末になって久しぶりに工房に戻って来た感覚を持つのは、ウィークディの仕事が多いせいかもしれません。今週は次から次へと仕事に追われ、また課題を抱えながら勤務してきました。やっと週末に制作が出来ることを喜びたいと思います。「発掘~層塔~」の陶彫部品の多さに焦りを感じつつ、週末ごとの制作工程を一歩ずつ進めていこうと思っています。そんな矢先に次なるイメージが湧いてきました。イメージとして漠然と見えているのは、現在制作中の塔が数多く群がっている情景です。「発掘~層塔~」より細長い塔が、まるで集落を形成するかのように群がって、そこかしこに点在しています。それは床ばかりではありません。壁からも塔らしきモノが生え出ているのです。塔が立ち現われている生え際に波紋が広がっています。水面に突如現われた尖った蟻塚のような奇妙な都市とでも形容できるでしょうか。何とも説明がつかないイメージですが、自分の記憶から現れたモノであるのは間違いありません。しかも現在制作中の作品に囚われている最中に頭を掠めていったイメージで、メモを取らなくても忘れることのできないモノになっています。次作にするとなれば、曖昧なイメージに輪郭を与え、その情景を育てつつ具現化に動かなければなりません。今日は現在制作中の「発掘~層塔~」に埋没しながら、群塔と波紋のイメージに取り憑かれて暫しボンヤリする時もあった不思議な一日でした。

関連する投稿

  • 週末 テーブルの上に広がる世界 週末になって、いつも通りの制作三昧です。このところ週末はよく雨が降ります。今日も工房の開け放した窓から時より雨が入ってきていました。朝から夕方までずっと陶土と格闘していて、充実した時間を過ごしました […]
  • 夜間制作に向かう意志 このところ2週間近く毎晩工房に通っていて、夜間制作が定着しつつあります。夜間制作と言っても1時間半から2時間程度で、昼間の仕事から帰って、夕食前に出かけているので、深夜に及ぶような制作ではありません […]
  • 連休2日目 木彫再開 ゴールデンウィークの2日目です。今日は昨日のアクシデントを取り戻すべく、朝から工房に篭って制作に追われました。久しぶりに木彫を再開して鑿を振るいました。日中は電動工具を使うことが出来るので、朝9時か […]
  • 今月最後の週末に… 3月もあと僅かとなりました。今日は最後の週末で、新作の制作に精を出しましたが、制作工程はなかなか苦しいものがあります。朝から工房に篭って作業をやっていましたが、今日は雨模様で冬が再来したような寒さが […]
  • 週末 陶彫制作の継続 先週から陶彫による新作を作り始めています。今日は凌ぎ易い気温で、朝から工房に篭ることが出来ました。このところ急に涼しくなって、工房に来ていた若いスタッフたちも疲れが出ているように見えました。タタラと […]

Comments are closed.