窯入れと窯出し

一週間のうち2回に分けて焼成を行わなければ、「発掘~層塔~」は5月の完成に間に合いません。日曜日の夕方に窯入れし、水曜日に窯出し、窯の中を入れ替えて2回目の焼成を始め、土曜日に窯出しをするサイクルで行っていますが、昨日は職場絡みの夜の会合があって、帰宅が遅くなり、つい夜の工房へ行くのを忘れていました。夜中の12時頃に気づいて、早急に工房に出かけ、窯の中の作品を入れ替えました。ついうっかり窯入れを忘れてしまうと、完成に間に合わなくなる制作工程は、なかなか厳しいものがあると思い知らされました。窯が休む間もなく稼働していることで、窯入れと窯出しに何の祈念も感じなくなっています。今までは炎の神に祈り、焼成の成功を喜びましたが、今はその感慨も次第に薄れてきています。上手く焼成出来て当たり前と考えていると、今にしっぺ返しを食らうことになるのではないかとも思っています。いかなる時も慎重に対処したいと考えるようにしました。焼成があってこその陶彫の醍醐味になるので、日々窯に感謝したいと思います。

関連する投稿

  • 週末 9月最後の陶彫制作日 9月最後の週末になりました。制作工程を早めに進められたおかげで、この週末で土台部分11個が全て揃います。もちろん陶彫制作には最後に焼成という極めて重要な工程がありますが、これは人の手が及ばない神がか […]
  • 週末 8月最後の制作日 今年は残暑の時季になっても猛烈な暑さがあって、空調の無い工房には長く留まれない日々が続いています。今日は8月最後の日曜日で、制作目標からすれば遅れ気味になっていますが、サウナ風呂のような工房にいると […]
  • 週末 6つ目の陶彫成形 今日は涼しい一日で、工房での制作に集中しました。先月の酷暑の中では作業中に汗が滴って、扇風機の前で時折休憩を取りましたが、今日は長い時間制作に携わることが出来ました。こんな気候が続いてくれたら、制作 […]
  • 三連休 「かながわボッチャ2018」 三連休の中日です。今日は私の職場の希望者と、別の職場の希望者が連携してチームを作り、表題にある […]
  • 三連休 新作の焼成準備 今日は三連休の中日です。昨日は美術館や映画館に鑑賞に出かけたので、今日は朝から制作三昧でした。40キロの陶土を土錬機に入れて、最後は手で菊練りをしました。その混合した陶土を掌で叩いて、座布団大のタタ […]

Comments are closed.