「若林奮 仕事場の人 展」

10年前に逝去した彫刻家若林奮は、今も立体やドローイングで自分を魅了し続けています。先日行った多摩美術大学美術館での「若林奮 仕事場の人 展」は生涯の中で仕事場を移動する毎に制作内容が展開していった様子が伝わりました。どんな芸術家であれ制作現場という環境と制作内容が無縁ではない証拠です。自分が若林先生を大学構内で見かけた時期は小金井に仕事場を持っていた頃で、鉄を加工した代表作を作り出していた時代かなぁと思っています。当時の友人が若林先生の仕事場の近くに下宿していて、若林先生が日々朝から晩まで仕事場に籠って制作していると話していました。大学に顔を見せる時以外は、全て制作に時間を充てている若林先生を凄いと感じた瞬間でした。若林ワールドは独特で難解とも思える思索が潜んでいますが、個展に足繫く通ううちに意図するところが少しずつ伝わってきました。作品はどれも鑑賞者のために作っているのではなく、思索の自己確認のために作っているように思えました。全て制作に時間を充てていることを凄いと前述しましたが、若林先生にとってはそれは自然なことで、展示を意識することなく空間や物質に対峙して自分を深めていくことが日常なのだと思いました。自分も工房で陶彫と向かい合っていると、全てのことを忘れ、作品が空間の中に存在するモノとして意識し始めて、次第に感覚が研ぎ澄まされていくのを感じます。やがてじっとして動けなくなる時間が立ち現れてきます。作品の意図さえもどこかへ消えて、自分が作品と同化するような瞬間があります。工程も計画もなくなって自分の行為した痕跡だけが眼の前にある不思議な時です。自分の嫌な感覚や認めたくない意識が現れて衝動的に眼の前のモノを破壊したくなる時です。はっと我に戻ると、あれは何だったのか、果たして狂気かと思ったりしますが、自己に向き合うとはこんなことなのかもしれません。若林先生の作品を見ていると、そうした自分への問いかけが始まります。それらを全部含めて自分を魅了し続けている若林ワールドと言えそうです。

関連する投稿

  • 頭の中のエスキース ひとつ立体作品のイメージが浮かぶと、スケッチブック等にエスキースをしてイメージを確かめながら、平面作品として残しておきます。一日1枚のペースで小さな平面作品を作り続けているRECORDの場合も同じで […]
  • 夏気分を惜しみながら… 今日で8月が終わります。月が変わることに郷愁を感じるのは夏の特徴かもしれません。開放感あふれる夏だからこそ流行り歌にもなり、移ろう夏気分を惜しむ情景になるのだと感じます。今月の創作活動を省みると、と […]
  • 週末 制作サイクル遂行 来週の三連休に仕事が入っているため、今週末は出来る限り、新作の陶彫制作を進めていこうと思っていました。先週のウィークディの夜も工房に通っていて、夜にも関わらずタタラや成形をやっていました。これは制作 […]
  • サンティアゴ巡礼路からのメッセージ 彫刻家池田宗弘先生は自分の大学時代の恩師です。先生は30年前にスペインに滞在され、サンティアゴ巡礼路を歩かれました。ちょうど自分がウィーンに滞在中の頃で、自己表現を求めていたものの確固たる指標も持て […]
  • 8月RECORD「悠久なる祈りの鎮座」 今月のRECORDのテーマは、カンボジアのアンコール遺跡群を訪ねる機会を中心に据えたコトバを考えました。実際にカンボジアに出かけたのが7日からなので、今までのRECORDが5日間でカタチが展開してい […]

Comments are closed.