「発掘~増殖~」焼成終了

「発掘~増殖~」は床を這っていく有機的なカタチを陶彫で表現したモノで、どのくらいの大きさにするか決めかねていましたが、来年ギャラリーで発表する作品は、ギャラリーの広さを考えて、ある程度の大きさに限定しました。「発掘~増殖~」は「発掘~層塔~」に先駆けて焼成を行い、先日無事に全ての成形作品の焼成が終了しました。大きな失敗がなくて本当に良かったと思っています。来年発表する作品で、とりあえず「発掘~増殖~」は何とか出来上がりました。細かな修整や番号のついた印を貼っていくのはこれからですが、まずは一安心です。「発掘~増殖~」はいくらでも大きくなる作品です。床いっぱいに陶彫を這わせることも可能です。当初のイメージでいけば、床にウネウネと這わせていく予定でした。今回は限定したので、ややこじんまりとした印象になりましたが、意図するところは伝わるのではないかと思います。

関連する投稿

  • 「構築〜包囲〜」組み立て 職場が休みに入り、夏休みの時のように朝から夕方まで制作に没頭できる毎日を送っています。時間があるという幸せを感じながら制作は佳境に入りました。夏から取り組んだ30本の柱は彫り上がりました。ナンバー代 […]
  • 週末 新世代とともに… 5月になって若い子たちが工房にやってきました。美大の2年生とこれから社会人入試で美大を受験する子です。この子たちはアーティストの卵として、いずれ自分の表現を獲得してデビューする新世代の子たちです。工 […]
  • 6月の終わりに… 雨が降ったり猛暑に見舞われたり、6月は体感的には快い1ヶ月ではありません。それでも比較的充実した制作が出来たのは、陶彫という表現と陶の素材によるものだと思います。陶土は湿度が高いほうがゆっくり乾燥し […]
  • 風薫る5月初め 5月になりました。今日と明日は通常出勤なので、今日は連休に挟まれているものの職場でしっかり仕事をしています。この時期は重要な調査を抱えているので、2日間の出勤はやむを得ないと思っています。5月は風薫 […]
  • 6月の制作計画 6月になりました。梅雨の時季を迎えますが、じめじめして湿気の多い毎日は好きになれません。でもこの季節が陶芸には最適で、土がゆっくり乾燥するので、ひび割れが少ないのです。今月は来年に向けて新作を進める […]

Comments are closed.