終焉までの道のり

現在哲学書を読み耽っているので、こんなことをテーマにしたわけではありませんが、どんなに贖ってもどんなに嫌がっても人には必ず死が訪れます。死を終焉として意識するのは動物の中で唯一理性をもつ人間だけです。そのせいで人は儚い運命を受け入れ、かかる時間を人によっては芸術に費やしたり、宗教に救済を求めているのではないかと思うのです。最後の日はいつ訪れるのか誰にもわかりません。終焉が近づくと、きっと自分だけには予感があるのかもしれないと思うことがあります。芸術家が残した絶作を見ると、不思議なことに最後の雰囲気が漂っているからです。生命の一滴を作品に込めて旅立っていく情景が伝わります。ところで自分は彫刻を作りながら今は哲学書を漁っています。これは何がしか自分の人生との因果関係があるのかもしれないと思っています。決して意図してやっている訳ではありませんが、人が限りある生命を生きていくために、また刻一刻と終焉に向かって生きている現状を考えると、自分にとって必要不可欠なものが芸術であり哲学と思うからです。ですが、まだまだ自分は終焉を実感として意識できません。将来を描けているうちは、自分は生きていけるのだと思っています。彫刻はまだ答えが見つからず、哲学は学ぶことに懸命で、本質が自分の中に取り込まれていません。宗教を持たない自分は芸術が全てです。そこに生きる意義を見出し、生きた証を残そうとしています。こんな自分ですから、終焉までの道のりがこれから長くあってほしいと願うばかりです。

関連する投稿

  • NOTE(ブログ)2000に到達 NOTE(ブログ)は2006年3月16日から書き始めて、今日で2000の原稿をアップしたことになります。ほとんどが美術に関するもので、制作日記や素材への関わり、芸術家に関する雑感等を書いています。と […]
  • 今年も母校の芸祭訪問 芸祭(ゲイサイ)というと、何とも独特な響きと雰囲気が自分にはあります。相原工房に出入りしているスタッフが、自分の母校で学んでいるおかげで、今年も母校の芸祭(学園祭)に行きました。創作活動またはモノ作 […]
  • 長野県の師匠宅へ 今日は一日夏季休暇を取って、長野県の麻績に住んでいる彫刻家池田宗弘先生宅に出かけました。毎年夏の恒例行事になっている先生の工房訪問ですが、聞くところによると池田先生は南米ペルーに1ヶ月滞在されて、体 […]
  • 93歳の恩師からの手紙 私の中学校時代の恩師から手紙をいただきました。恩師は担任で美術科教諭だったので、美術が好きだった私は授業でも丁寧な指導支援をしていただいていました。絵画の授業で、水彩絵の具を思い切り画面に擦りつけて […]
  • 「問いなき回答」を読んで 読書は通勤時間帯でしか出来ず、しかも短い乗車時間の中で細切れになった評論をとつおいつ読んでいる有様です。もっと楽に読める本を携帯すればよいものを、敢て難解な評論集に手を出してしまうのは何故なのか自分 […]

Comments are closed.