12月RECORDは「環」

2013年の最後を飾るRECORDのテーマを「環」にしました。「環」とは数学的な定義や天文学的な定義があって、コトバそのものを調べると分野外の人間にとっては難解極まるコトバです。RECORDとしては造形的に簡単に考えることにしました。物質の連鎖があって、それらが円を描いて起点に戻ることを「環」の基本テーマにしたいと思います。起点に戻るということが最後の1ヶ月に相応しいかなと思っています。成長があれば初めの起点ではなく、位置としては上のところに戻ってくる、つまり螺旋を描いて戻ってくるのが「環」としての最良のイメージです。同一平面から螺旋までバリエーションを考えながらRECORDを進めたいと思います。今年は漢字一文字による月ごとのテーマを掲げてきましたが、来年はどうしようかとボンヤリ考えています。年間を通して、どんな傾向の作品にするか、これからまず考え始めたいと思います。

関連する投稿

  • 8月RECORDは「みわたす」 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っています。毎晩食卓で飼い猫のトラ吉に邪魔されながら制作しています。5日間を連作にして展開する絵柄にしていますが、具象から抽象まで表現方法はさまざまです。年間 […]
  • 11‘RECORD9月とLandscapeアップ ホームページに作品を掲載しました。アップした2011年RECORD9月分は、毎日1点ずつ作っている葉書大の小さな平面作品のことで、今を遡る約2年前の作品です。この頃は三角形を土台にデザインを加え、建 […]
  • 現行と次作がスイッチする5月 創作活動には大変好ましい季節になりました。工房にストーブも扇風機も必要としない5月は、現行の制作と来年に向けた制作が入れ替わる快い季節です。図録の撮影をする今月11日が今年7月に個展に出品する作品の […]
  • 5月RECORDは「隙」 「隙」は隙間という単純な意味から、不和であったり、油断することであったり、マイナスイメージを連想するコトバです。RECORDは視覚的な構成要素に置き換えるので、心理的な表現を追求することに、たとえば […]
  • イメージの醸成を待つ 先日、今年7月個展で発表する新作の撮影を終えたので、これから図録の編集に入ります。まだ「発掘~層塔~」のやり残した仕事もあるというのに早くも来年発表する作品のイメージが固まりつつあります。前にNOT […]

Comments are closed.