知られざる画家カイユボット

先日、東京駅近隣にあるブリヂストン美術館で、印象派の画家カイユボットの展覧会を開催していたので見てきました。カイユボットは自分にとって未知の画家でした。テレビ等の情報で知りましたが、バランスの取れた構成と巧みな表現があって絵画らしい雰囲気を漂わせていました。カイユボットは父から莫大な遺産を引き継ぎ、当時の印象派画家を経済的に支えた人だったようです。自ら絵も描き、都会的な生活を主なテーマにした画家でした。画家自身が経済的に豊かだったためか画風にも優雅が漂っているように感じました。代表作の「ヨーロッパ橋」はがっしりした鉄骨による橋の構成が印象的で、広角レンズで捉えたような広さを感じさせています。歩く人、佇む人、散歩する犬が絶妙なバランスで配置されています。パリが新しい街へ生まれ変わる息吹きを感じることができます。自分はカイユボットを未知の画家と捉えていましたが、今回の展覧会には出品されていなかった絵画で「床削り」という作品を図版で見た記憶があります。上半身裸になった男たちが床を削っている情景を描いたもので、なぜか自分の脳裏に刻まれました。「床削り」の極端な遠近法の構成は「ヨーロッパ橋」にも通じる同じ構成要素を感じました。知られざる画家だったカイユボット。当時の印象派画家の中で仲間に経済的な支援をする特異な存在だったカイユボット。まだまだ未知なる実力派の画家が今後発見される可能性があるのではないかと思わせる今回の展覧会でした。

関連する投稿

  • 三連休 東京の美術館巡り 三連休の中日です。今日は朝から東京の美術館巡りを行いました。一昨日NOTE(ブログ)に美術鑑賞に対する思いを書きましたが、今日はその実践日でした。巡った展覧会は4つで、いずれも表現が異なる先人達の精 […]
  • 東京青山の「円山応挙展」 先日、東京青山の表参道にある根津美術館で開催中の「円山応挙展」に行ってきました。江戸時代に活躍した写生派の絵師円山応挙は、自分には思い入れの深い画家で、それまでの格式高い絢爛たる狩野派の絵師に比べる […]
  • 東京両国の「北斎の帰還」展 先日、東京両国にある「すみだ北斎美術館」に行ってきました。目的はTVで放映された「須佐之男命厄神退治之図」の復元された絵をこの眼で見たかったことでしたが、美術館が企画した「北斎の帰還」展にも眼が奪わ […]
  • 週末 早朝制作&4つの美術館散策 週末になって、今日こそは美術館に行こうと決めていました。計画していた大きな展覧会が3つ、加えて私と同じ二束の草鞋を履く職員が出品している公募展があって、今日一日で全てを回るつもりでいました。家内は演 […]
  • 週末 母の用事&美術館散策 やっと待ちに待った週末になりました。今日は予定がいっぱい詰まっていました。明日の陶彫成形に備えて、早朝から工房に出かけ、タタラを4枚用意してきました。タタラは厚さ1cm、大きさは座布団大になるように […]

Comments are closed.