横浜の「横山大観展」雑感

「西の栖鳳 東の大観」と称された日本画2大巨匠のうちの一人、横山大観の展覧会の終了期限が迫っていたので大急ぎで横浜美術館に行ってきました。このNOTE(ブログ)を書いている今日は美術館では次の「下村観山展」の準備に入っていることと思います。前に竹内栖鳳の大がかりな展覧会が東京竹橋の美術館であって、大変な混雑の中を見てきましたが、「横山大観展」も大いに賑わっていました。大観は折に触れてよく目にしていて、自分の中ではポピュラーな画家です。今回の展覧会は大観を中心とした周辺の人たちの作品も出品されていました。展示物には大観の師匠である岡倉天心の書を初めとする資料があり、また画家仲間の作品は、大観と共に競い合い、大いに鼓舞した様子がわかって楽しい企画になっていました。横山大観は東京美術学校時代から秀でた力量を発揮し、長きに亘って日本画壇を牽引してきた巨匠です。作品によってはざっくりした骨太の構成があり、繊細な描写表現があって変化に富んでいます。いわゆる朦朧体という没線彩色の作品が有名ですが、西洋画の陰影を取り入れた新たな日本画の方向を探り、流麗で大きなスケールを獲得しているように思います。

関連する投稿

  • 金曜日は勤務終了後に展覧会へ 今日は私用があって2時間ほど年休をいただきましたが、年休を取らなくても金曜日の夜は美術館の開館時間が延長されているため、仕事帰りに美術館に立ち寄ることが可能です。私用はあっという間に終わり、今日は家 […]
  • 三連休② 制作&風景彫刻鑑賞 三連休の2日目です。朝から工房で制作三昧でした。今日は久しぶりに中国籍の若いスタッフが来ていました。彼女は栃木県のグループ展に参加するというので、新作を作っていました。私は相変わらず陶彫制作に勤しん […]
  • 金曜夜は美術館へ… 今日は夜になって東京の美術館から帰ってきました。実は今日は美術館巡りではなく、別の用事があって仕事を早めに切り上げ、午後は年休を取得したのでした。用事が意外に早く終わったので、家内を誘って東京の美術 […]
  • 三連休 東京の美術館巡り 三連休の中日です。今日は朝から東京の美術館巡りを行いました。一昨日NOTE(ブログ)に美術鑑賞に対する思いを書きましたが、今日はその実践日でした。巡った展覧会は4つで、いずれも表現が異なる先人達の精 […]
  • 東京青山の「円山応挙展」 先日、東京青山の表参道にある根津美術館で開催中の「円山応挙展」に行ってきました。江戸時代に活躍した写生派の絵師円山応挙は、自分には思い入れの深い画家で、それまでの格式高い絢爛たる狩野派の絵師に比べる […]

Comments are closed.