週末 気分転換を図る日

昼間の公務と週末の制作・焼成サイクル、夜毎のRECORD制作とNOTE(ブログ)のアップ、これらの活動を完全に止めることはできませんが、このところ気分転換がしたいと思っていました。思い切ったことは出来ませんが、美術展鑑賞を目的に散策をしてきました。毎回やっている気分転換の方法で変わり映えはしません。でも今はこれで充分満足です。飼い猫のトラ吉も気分転換に役立っていますが、猫にも意志表示があり、こちらの思う通りにはなりません。今日は朝から東京上野の都美術館で開催中の「ターナー展」と「太陽美術展」をまず見てきました。英国が誇る画家ターナーの表現力の凄さに圧倒されました。水を湛えた風景の空気感に感動を覚えました。詳しい感想は後日に改めます。「太陽美術展」は前の職場で一緒だった人が自分と同じ二足の草鞋生活をしていて、毎回具象絵画を出品していて招待状を頂いたのです。ターナーを観た後だったので、正直な批評をすれば画面全体が平板に見えたことが挙げられます。具象絵画には奥行き、空間、さらに空気感が求められると自分は思います。出品している彼に限らず、その公募団体全体がそう見えました。自分のことを棚上げして些か辛口に言いますが、日本人特有の生真面目さはあるものの絵画らしさを感じさせてくれる作品が決して多くないと思ってしまいました。次に東京駅近隣にあるブリヂストン美術館で開催中の「カイユボット展」を見ました。カイユボットの世界も都会的な空気を感じさせてくれる絵画でした。これも詳しい感想は後日にします。ついでに大きな書店に立ち寄って書籍を見て回りました。自宅の書棚に並ぶものはどれも読んだものばかりになったので、そろそろ新しい知識を入手したいと思っていたのです。これも気分転換の一つです。それから地元横浜に戻って、横浜美術館で開催中の「横山大観展」を見ました。洋の東西を問わず絵画には同じ要素が必要だと改めて思いました。これも感想は改めます。今日はターナーといい、カイユボットといい、横山大観といい、画家の知人といい、ともかく絵画表現に接してきました。描かれた対象こそ異なり、また時代も違えど、絵画を鑑賞して満足を得ることは、大変気持ちが良いものだと実感しました。明日は制作に励みたいと思います。制作・焼成サイクルが一日遅れてしまいました。

関連する投稿

  • 土練りのあと美術館へ… 成形に使う陶土がなくなり土練りをしました。陶彫は土を単身ではなく複数の土を混ぜて使っているのです。近々新しい土錬機が来るので、今使っている土錬機最後の仕事かもしれません。自分と懇意にしている陶芸業者 […]
  • SW 東京の展覧会巡り 5連休となるシルバーウィーク(SW)が始まりました。SWは当然制作目標を立てていますが、今日は東京の展覧会を見て回ることにしました。家内が胡弓の演奏に出たので、今日は単独で丸一日かけて美術館等を奔走 […]
  • 連休最終日は出張&美術館巡り 三連休の最終日です。今日は公務員管理職として午前中に出張があって休日返上となりました。幸い出張は午前中で終わったので、午後は東京の美術館巡りをしました。まず、東京六本木にある国立新美術館。彫刻の師匠 […]
  • 週末 制作開始&鑑賞 個展閉幕から一夜明けて、今日から新作の制作を開始しました。自分は個展の余韻に浸ることを敢えてやりません。振り返らず進んでいこうとする姿勢を自分の信条としているためで、間髪を要れず矢継ぎ早に作り続け、 […]
  • 三連休 仕事と美術鑑賞 三連休の最終日ですが、午前中は止むに止まれぬ仕事が入っていました。結局、三連休はいずれも職場関係の仕事が半日程度あって制作がままならない状況でした。今日の午後は工房には行かず、東京の美術館を家内と見 […]

Comments are closed.