「シュタイナーの思想と生涯」読み始める

「シュタイナーの思想と生涯」(A.Pシェパード著 中村正明訳 青土社)を読み始めました。私がルドルフ・シュタイナーを知ったのは学生時代で、最初は曲線を多用した独特な建築ゲーテアヌム(正確には第2ゲーテアヌムでシュタイナー自ら設計した建築物)によって印象づけられましたが、シュタイナーは哲学者であり、教育家であり、シュタイナー教育創立者として日本でもよく知られる存在になりました。その時の自分は彫塑的な建築物を図版で見るだけで、これといったシュタイナー理論を読むことはありませんでした。シュタイナーの生涯の中で重要な意味を持つ人智学という今まで聞いたことのない学問を知ろうと思ったのはつい最近のことです。ヨーゼフ・ボイスに関する書籍を読んだことが契機になりました。本書の目次に霊学というこれも聞きなれない学問があります。シュタイナー自身が著したものを読む前に解説書から入ろうと思ったのは、今まで自分が学んでこなかった学問に対する畏れがあるためです。これで興味が湧けばシュタイナーの著作を読もうと思います。まずは概観を掴むところから始めます。通勤の友は相変わらずドイツ系の哲学者です。

関連する投稿

  • 「触れ合う造形」読後感 「触れ合う造形」(佃堅輔著 […]
  • 西欧思想に於ける芸術の意味 現在読んでいる「芸術の摂理」(柴辻政彦・米澤有恒著 […]
  • 週末 梱包作業&美術館鑑賞 今日は梅雨らしい鬱々とした天気でした。午前中は昨日から続いている作品の梱包作業をやっていました。今日は若いスタッフが2人朝から来ていて、それぞれ制作に励んでいましたが、10時半頃スタッフ2人と家内を […]
  • 「絶叫のタブロー」ヴォルス 現在読んでいる「絵の証言」(佃堅輔著 […]
  • ドイツ表現派に纏わる雑感 現在、通勤中に読んでいる「触れ合う造形」(佃堅輔著 西田書店)と、職場に持ち込んで休憩中に読んでいる「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]

Comments are closed.