ギリシャ悲劇の起源

「ギリシャ悲劇の起源という問題は、まことに迷路と呼ばざるをえないほど複雑怪奇をきわめている。」「悲劇が悲劇の合唱団から発生したものであること、もともと悲劇は合唱団にすぎなかった~略~」「ギリシャ人はこの合唱団のために、架空の自然状態をあらわす吊り桟敷を設け、その上にこれまた架空の自然の生きものを置いた。悲劇はこういう基礎の上に生いたったものであり、それだけの理由からでもすでに始めから、現実といちいち対照するわずらわしさをまぬかれていることはいうまでもない。」「どんなにかすかな苦悩にも、どんなに重い苦悩にも無類の感受性を持っていた深遠なギリシャ人、その切れるようなまなざしで、いわゆる世界史の恐ろしい破壊活動と自然の残虐性のただ中に目をそそいで、仏陀的な意志の否定にあこがれる危険にさらされていたギリシャ人は、その合唱団によって慰めを得たのである。彼らを救ったのは芸術だ。そして芸術によって自分のために彼らを救ったのは…生なのだ。」現在読んでいる「悲劇の誕生」(ニーチェ著 秋山英夫訳 岩波書店)で、気に留めた箇所を羅列しましたが、続くソフォクレスやアイスキュロス、エウリピデス、ソクラテス等々が悲劇芸術を主題として取り巻いていく本書前半は、一筋縄ではいかない読解を求められつつ、ニーチェの独断的とも思える破天荒な面白さに時が経つのを忘れます。いったいニーチェとはいかなる人物なのか、興味は尽きません。

関連する投稿

  • 「すべての僕が沸騰する」 村山知義という芸術家を自分がいつ知ったのか定かではありませんが、自宅の書棚に村山知義著の構成主義に関する書物があるので、随分前に知っていたことになります。ただし、この書物はいまだ読んでおらず、そのた […]
  • 横浜で「iSAMU」観劇 KAAT神奈川芸術劇場で今日から「iSAMU」が始まるので前売り券を申し込んでいました。副題には「20世紀を生きた芸術家イサム・ノグチをめぐる3つの物語」とあり、イサム・ノグチに憧れる自分は、どんな […]
  • ゲーテ「ファウスト」について ドイツの文豪であるヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテがその生涯を費やして書き上げた戯曲「ファウスト」。岩波文庫より出版もされているようですが、いまだに読んだことがありません。「ファウスト」に初め […]
  • 「言語都市・ベルリン」を読み始める 「言語都市・ベルリン」(和田博文・真銅正宏・西村将洋・宮内淳子・和田佳子共著 […]
  • 手塚治虫の「ネオファウスト」 現在読書中の「西洋の没落」に度々登場するファウスト的魂とは、ゲーテが生涯を費やして描いた「ファウスト」に由来するコトバです。「ファウスト」には栄光と挫折、無上の愛と非情な罪という人間が抱え込むあらゆ […]

Comments are closed.