週末 仕上げの時間の確保

今日は朝から夕方まで工房に篭って制作していました。土練、タタラ、成形、彫り込み加飾を繰り返す制作サイクルの中で、いつから仕上げ工程である化粧掛けや窯入れに入るかを考えながら制作を進めていました。問題は時間の確保です。乾燥した陶彫にヤスリをかけて整ったカタチに仕上げて、そこに化粧掛けを行うためには、まとまった時間が必要です。そろそろ窯入れをやっていかなければなりません。陶彫は窯で焼成して、ようやく完成するからです。今のままでは新作は何一つ出来上がっていないことになります。陶彫は焼成トラブルも考えられるので、早めに焼成をしたいと思っています。焼成には3日間ほど要するので、ウィークディが相応しいのです。月曜日に窯入れして水曜日に出し、そのまま次の作品を窯入れして、金曜日に出すというのが、いわば焼成サイクルです。二束の草鞋生活のため、ウィークディは工房に行けないので窯に任せておくということを昨年もやっていました。昼間、別の仕事に埋没していた方が窯の中が気にならなくてすむのです。現行の制作サイクルに焼成サイクルを組み入れるのは時間的に困難です。制作サイクルを見直さねばならず、日曜日の午後を仕上げ工程にして、その夜に窯に入れておこうと決めました。2日間の制作サイクルを半日削って仕上げ工程を行なくてはならず、かなり厳しい状況になりますが、これは仕方ありません。明日から実行したいと思います。

関連する投稿

  • 週末 陶彫の彫り込み 今日は青空に入道雲が浮かんだ真夏らしい一日です。朝から工房に篭り、大型扇風機を回しながら制作に汗を流しました。今日は新作の陶彫成形を1点行いましたが、前に成形が終わっている数点の作品の加飾もやりまし […]
  • 6月の制作計画 6月になりました。梅雨の時季を迎えますが、じめじめして湿気の多い毎日は好きになれません。でもこの季節が陶芸には最適で、土がゆっくり乾燥するので、ひび割れが少ないのです。今月は来年に向けて新作を進める […]
  • 週末 低めの四角錘の成形 新作の陶彫部品の制作を続けています。今日作ったのは低めの四角錘です。これはいくつか作っていく予定ですが、今日はその第一点目。今まで作った大きな四角錘や天辺が欠損した三角錐に比べれば容易いと思っていた […]
  • 連休最後は成形3点 今日で三連休が終わります。朝から工房に籠もって制作をやっていました。タタラを立ち上げてドベで接合し、成形を始めました。陶土の乾燥具合を確かめながら作業しているので、まったなしの作業になり、3点の三角 […]
  • 「瓦礫A」荒彫り終了 昨年のブログを読むと、「起源」の柱の彫りの進み具合のことをよく書いています。ブログはもちろん万人に公開しているものですが、自分の制作工程のメモとして活用していて、現在の作品の進み具合をリアルタイムで […]

Comments are closed.