「悲劇の誕生」を読み始める

「悲劇の誕生」(ニーチェ著 秋山英夫訳 岩波書店)を読み始めました。哲学者フリードリッヒ・ニーチェは1844年にライプティヒ近郊の村に生まれました。当時はドイツという国ではなくプロイセン王国でした。大学で古典文献学を修めたニーチェは、若くしてバーゼル大学の教授に迎えられますが、24歳で上梓した「悲劇の誕生」が波紋を呼びます。これは古典文献手法を用いず、主観的で学問としての厳密さを欠いているとして当時は散々酷評されたようです。これを読み始めて思ったことは「悲劇の誕生」を書く契機となったショーペンハウワーによる「意志と表象としての世界」をまず読まなければならないと感じたことです。「悲劇の誕生」は、たとえばボイスだったりシュペングラーだったり、他書からの引用があって読み始めましたが、この世界にどんどん深入りしてしまいそうな自分を発見し、ニーチェが「生の無垢」を求めるために「永遠回帰」の思想に到達する過程に、とことん自分は付き合ってしまうかもしれないと感じてしまいました。ニーチェと音楽家リヒャルト・ワーグナーの親密な関係はよく知られていますが、ワーグナーがバイロイト祝祭劇場を立ち上げ、「ニーベルングの指環」を上演すると、ニーチェはそのワーグナーを取り巻くブルジョア社会の卑俗さに失望し、上演途中で退席したようです。その後、ワーグナーと袂を分かつようになります。そんなニーチェが55年の生涯を賭け、常に更新し続けた思想に浸れば浸るほど、哲学的思惟に強からぬ自分は翻弄されるだろうことはよくわかっています。それでもニーチェに暫し付き合おうと決めました。今回の通勤の友は若干手強いかなぁと思っています。

関連する投稿

  • 喪中葉書を受け取って… この時季になると喪中葉書が送られてきます。自分の年齢を鑑みると、本人ではなく、その関係者が多いのですが、たまに親交の厚かった本人であったりすると残念でなりません。自分が世話になった人が亡くなり、喪中 […]
  • ウィーンからの懐かしいメール 1980年から85年となれば、今を遡ること30年前になります。オーストリアの首都ウィーンは地下鉄の交通網がシュタットバーン(市街電車)に取って代わろうとしていました。そんな頃に自分は市街から遠い10 […]
  • 年度末の3月を迎える 平成27年度末の最後の1ヶ月が今日から始まります。今日は春うららかな陽気となり、このまま暖かくなってくれれば幸いですが、三寒四温の季節ではそういかないかもしれません。今月職場では出会いと別れがありま […]
  • 11月は鑑賞が充実 11月の最後の日になり、1ヵ月を振り返ってみたいと思います。今月から窯入れが始まり、ウィークディの夜の時間帯は焼成時間と重なっていたため、窯以外の電気が使えず、夜の工房に出かけることはありませんでし […]
  • 「縄文の音」読後感 「縄文の音」(土取利行著 […]

Comments are closed.