新しいLandscape&RecordをHPにアップ

このNOTE(ブログ)を含むホームページは、自分にとって造形作品を発信する上で重要なアイテムです。24時間ウェブギャラリーを公開しているので、端末機があればどこでもいつでも見ることが出来ます。ホームページでは野外に立体作品を置いて撮影したLandscape(風景)があって、陶彫による「球体都市」を数点アップしています。そこに新しく「陶紋」を加えました。不思議な空気の中に存在する作品は、表面に施した紋様が画像処理によって強調されています。これは自分のアナログ作品を媒体にしたカメラマンの手によるデジタル作品と呼びたい世界です。作品は出来上がった時点から作者の手を離れ、自らを主張し始めますが、まさにカメラマンの手に委ねられた主張が、完成時とは違う世界を構築していて、自分がハッとさせられる瞬間があります。Landscapeはさまざまな可能性を秘めていると思っているので、今後もどんどん展開していきたい世界です。ホームページには風景があれば記録もあります。Record(記録)は一日1点ずつ作っていく小さな平面作品で、毎年毎月テーマを決めてやっています。ホームページに今回2011年3月分をアップしました。新しくアップしたLandscape&Recordをご覧いただければ幸いです。ホームページには左上にある本サイトをクリックしていただければ入れます。よろしくお願いいたします。

関連する投稿

  • 新しいGallery&RecordをHPにアップ 自分のホームページは24時間中、自作を発信する場です。所謂ウェヴギャラリーで、デジタル化した作品をアップしています。内容はElements(作品を形成する要素)、Gallery(画廊の意味でここでは […]
  • 3月RECORDは「わかれる」 今年のテーマはひらがな4文字で考えるようにしています。3月のRECORDのテーマを「わかれる」にしました。職場では年度末を迎える今月が出会いと別れの季節になります。「わかれる」を象徴的に表現すること […]
  • 漆喰と砂 立体造形の表面処理で、陶彫は窯から出したままの状態で使う場合が多いのですが、木の場合はいろいろ考えます。HPのギャラリーのアップしている「構築〜距離〜」という作品は、門やピラミッドを木で彫って作り、 […]
  • 「発掘〜円墳〜」ギャラリーにアップ 今年の個展(ギャラリーせいほう)で発表した「発掘〜円墳〜」がホームページのギャラリーにアップしました。陶彫によるテーブル彫刻です。テーブルの中央に穴があって、そこから覗いた写真が2点あります。カメラ […]
  • 光と闇の演出 立体作品は照明をどう当てるかで見え方が変わります。穴だらけの陶彫から光がこぼれ、あるいは壁に投影されると空間はさらに広がりを感じさせます。陶彫ランプシェードは作品に光源が内蔵されるので、そこから放た […]

Comments are closed.