箱根彫刻の森での「洪易」展

昨日の勤務時間終了時間から、職場全体で親睦を兼ねた一泊旅行をしてきました。箱根湯本で泊まり、今日は彫刻の森美術館で散策を楽しみました。ちょうど台湾の造形作家「洪易(ホンイ)」の個展を開催中で、自分は機会があれば見に来るつもりだったので好都合でした。洪易はまだ若い世代の作家です。動物を抽象化したカラフルでユーモラスなオブジェを作る作家ですが、その質量ともに大変なもので、エネルギッシュな創作活動に感動しました。磨き上げられた曲面に施した色彩豊かな文様は、サブカルチャー的で、しかもアジア的で、生命感溢れる幻想世界が広がっていました。室内では中央に舞台を作り、夥しいオブジェ群が鑑賞者を迎えてくれました。その明るさ、面白さは筆舌に尽くしたいほどです。壁面も巨大な平面作品がありました。洪易の名から易しく(理解しやすい)洪水のようにやってくる世界を思いつきました。楽しい一日を過ごせたことを感謝したいと思います。今日は三連休の初日ですが、疲労のため工房には行けず、制作は明日以降に持ち越します。

関連する投稿

  • 三連休 仕事と美術鑑賞 三連休の最終日ですが、午前中は止むに止まれぬ仕事が入っていました。結局、三連休はいずれも職場関係の仕事が半日程度あって制作がままならない状況でした。今日の午後は工房には行かず、東京の美術館を家内と見 […]
  • 週末の展覧会巡り 今週末は2日間とも展覧会を巡ります。秋は見たい展覧会が目白押しなので、制作を中断して出かける予定を立てました。今日は東京汐留ミュージアムで開催中の「モローとルオー」展、それから工房に出入りしている美 […]
  • 三連休 香川県高松へ 三連休の初日です。今日から家内と1泊2日で香川県高松へアートに触れる旅行に出かけることになりました。羽田空港発9時25分、ほぼ1時間程度で高松空港に到着しました。リムジンバスに乗ること40分、高松市 […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 「濱田庄司スタイル」展 先日、自分の個展の最終日にギャラリーが開く時間より少々早く汐留に行き、表題の展覧会を見てきました。陶芸家濱田庄司は馴染みのある作家です。毎年栃木県益子の陶器市を訪れているので、そこに居を構えた巨匠の […]

Comments are closed.