地を這うカタチ「発掘~増殖~」

地を這うカタチとして制作を続けている新作に「発掘~増殖~」という題名をつけました。無限に広がっていく植物的な生命体が脳裏にあって、当初は画廊空間全体に蔓延らせるイメージがありました。大地を這うように広がるのは無計画な都市形態にも通じて、その動きを強調するため曲面を用いた有機形態にしました。無限に増殖して大地を蝕んでいくような動的な雰囲気を鑑賞者側が感じ取ってくれれば「発掘~増殖~」の意図が伝わったことになります。どこまでも広がっていく作品を陶彫で作るためには連結した集合体で表さざるをえません。これは私の常套手段で複数部品を繋げて広げていきます。前作でも都市とも昆虫ともつかないカタチを作り、そのカタチを木彫で作った疑似大地に埋没させました。かつて繁栄を極めた都市国家が没落し、遺構として現存している風景がイメージの基盤にあるので、自分は黒褐色になる陶彫に出土品のような素材感が漂うのを楽しんでいます。この陶彫を用いて、さらに様々な展開が可能と考えているところです。

関連する投稿

  • 週末 6月になって… 今日から6月です。来月には個展が控えています。今週末も「発掘~層塔~」の塗装修整を行っていました。そろそろ梱包も始めていかなければなりません。修整や梱包も大事ですが、来年に向けた新作の準備も今月から […]
  • 12‘評壇より 「陶彫で遺跡からの出土品みたいな抽象オブジェを作り、それらを屏風パネル、箱形置き物、残決単品の三様に仕立てて展示。これも新品を古物に偽装しているその意外性が趣向であり、見せどころとなっている。」とい […]
  • トレーニングに関する雑感 スポーツにはトレーニングがつきものですが、創作行為や物事の発想にもトレーニングが必要だと感じます。創作における日々のトレーニングは、イメージ力を高めると確信しています。私の場合のトレーニングはREC […]
  • 「群塔」床置き再考 今晩も工房に来ました。目の前に置かれた陶彫部品の数々と木彫が貼り付けられた屏風7点、彫り始めた床置きの木彫の厚板。もう一度新作「発掘~群塔~」の全体像を整理して、完成のイメージの把握を試みました。カ […]
  • 造形の素材変換 かつて木彫によるテーブル彫刻「構築~包囲~」と「構築~解放~」を作りました。サークル状の厚板を複数の細い柱で支える構造で、量というよりは線と面で構成される軽やかな作品として作ったつもりです。この作品 […]

Comments are closed.