「ボイスから始まる」を読み始める

「ボイスから始まる」(菅原教夫著 五柳書院)を読み始めました。先日まで読んでいた「ヨーゼフ・ボイスの足型」に続くボイス論です。ドイツ人芸術家ヨーゼフ・ボイスに関わる書籍は専門的な書店を探しても少なくて、ブームが去ったかのような印象を持ちますが、ボイスが提唱した社会彫刻の概念は、現代社会にあっても生きていると自分は考えます。僅かに書店で購入できるボイス関連の書籍を手に取って、自分の中でのボイス論の構築を試みたいと思い、今回は本書を読むことにしました。著者は読売新聞社に勤めるジャーナリストです。目次をみるとボイスの理念を充分に伝える項目が並んでいるので、これ幸いと通勤の友にすることにしました。やっと最近になって自分もボイス像を紐解いた感が拭えず、改めて日本で見られるボイス作品に触れてみたいと思っています。確か山梨県清里に行った折、現代美術を扱う洒落た美術館があって、そこにボイスの作品があったと記憶しています。20代の滞欧中に見たボイスの作品もそうでしたが、室内いっぱいに広がる工事現場のような作品に面喰った思いがあって、難解そうな謎解きを避けてきたのです。ボイスの理念を知って、再度ボイス・ワールドに接してみたいと思っています。

関連する投稿

  • 2015年HP&NOTE総括 2015年の大晦日になりました。毎年恒例になっていますが、今年の総括をしてみたいと思います。今年の7月個展で発表したのは「発掘~群塔~」と「発掘~丘陵~」でした。陶彫部品の多さで毎年更新している最近 […]
  • 「ヨーゼフ・ボイス よみがえる革命」読後感 「ヨーゼフ・ボイス よみがえる革命」(水戸芸術館現代美術センター編 […]
  • 「触れ合う造形」読後感 「触れ合う造形」(佃堅輔著 […]
  • ドイツ表現派に纏わる雑感 現在、通勤中に読んでいる「触れ合う造形」(佃堅輔著 西田書店)と、職場に持ち込んで休憩中に読んでいる「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]
  • 「バルラッハの旅」を読んで 「バルラッハの旅」(上野弘道著 風間書房)はドイツ近代彫刻家を取り上げたもので、著作の前編はバルラッハの足跡を辿りながらドイツを巡る、いわば紀行文のような構成になっています。数年前に日本で大きな展覧 […]

Comments are closed.