週末 制作&報道写真展

今週末はとくに職場に行くこともなく、丸2日間を制作に使えます。制作三昧になるのは久しぶりで、朝から創作モードになっていました。以前NOTE(ブログ)に書きましたが、制作サイクルを再度点検し、この2日間を上手に回していきたいと思っています。今日は横浜の日本大通にある横浜新聞博物館で開催中の「福島菊次郎展」に行く予定にしていたので、午前中は集中して制作し、成形2点と土練をやりました。明日はタタラや次の成形、彫り込み加飾まで順序良く進めていこうと思っています。「福島菊次郎展」を見に行った理由は、前に師匠の池田宗弘先生から勧められていたのでした。福島菊次郎は92歳の現役で、戦後の日本が抱えてきた負の歴史と言うべき大きな事件の数々を被写体にしてきた報道カメラマンです。展示されていた広島の原爆を初めとする多くの激動のモノクロ画像を顧みて、忘れかけた過去に思いを馳せました。詳しい感想は機会を改めますが、会場には年配の方が多く見受けられました。池田先生は福島氏と面識があるらしく、作品やポートレイトを撮っていただいたと言っていました。

関連する投稿

  • 週末 5月になって… ゴールデンウィーク3日目で、今日から5月です。ゴールデンウィーク前半三連休の最終日です。前半三連休は新作の制作に明け暮れました。「若冲展」や今日の夕方出かけた「複製技術と美術家たち」展で、三連休の鑑 […]
  • 年度末の3月を迎える 平成27年度末の最後の1ヶ月が今日から始まります。今日は春うららかな陽気となり、このまま暖かくなってくれれば幸いですが、三寒四温の季節ではそういかないかもしれません。今月職場では出会いと別れがありま […]
  • アーヴィング・ペン&三宅一生 近未来型の美術館が東京六本木の東京ミッドタウンにあります。21_21デザイン・サイトは、いかにも図面で引いたようなシャープな建物でした。先端を行くデザインやアートを発信するのに相応しい環境で、そこで […]
  • 写真集「証言と遺言」 先日、横浜新聞博物館で開催されていた「福島菊次郎展」に行ってきました。原爆投下後のヒロシマの一家族を被写体にして、当時の凄まじい生活を抉り出した世界は特筆に値します。視覚に訴える報道写真は、インパク […]
  • 「マン・レイ展」を見て 先日、東京六本木にある国立新美術館へ「マン・レイ展」を見に出かけました。20世紀美術を代表する旗手として知られたマン・レイですが、一般的にはどの程度知られているのか、観客動員で成功するのは印象派と世 […]

Comments are closed.