三連休の微妙な制作時間

この三連休とも職場関係の仕事があって制作時間が微妙です。工房では少なくても3時間以上制作をしなければ作品が先に進みません。早朝や夕方の時間を使って時間を確保したいと思っています。往生際の悪い自分は休日に職場の仕事があるからといって制作をきっぱり諦めることができません。自分にとって制作は活力剤にもなっていて、工房に足を踏み入れただけで別世界へ誘われてしまうのです。それは幸せなひと時です。今日は朝7時に工房に行き、正午まで制作をしていました。午後は職場に行って仕事を済ませ、空いた夕方の時間で東京の美術館に出かけました。師匠の池田宗弘先生が出品している自由美術展は六本木の国立新美術館、藤田嗣治(レオナール・フジタ)の展覧会は渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム。2つの展覧会を僅かな時間で駆け巡りました。詳しい感想は機会を改めます。ジュンク堂書店にも立ち寄り、美術関係の書籍も買ってきました。ともあれ三連休初日は制作をして、公務もやって、美術館巡りもして充実させました。明日も職場に出かけますが、空いた時間を制作に充てたいと思っています。

関連する投稿

  • 週末 制作の後、葉山へ 今日も寒い一日でした。朝から工房で制作をしていましたが、あまりにも寒くて中断をしました。数日前から風邪気味なので身体を休めようと思ったのです。若い工房スタッフも手が悴んで絵が描けないようで、中断には […]
  • 週末 AM木彫 PM美術館散策 今日は野暮用があって早朝職場に顔を出し、残りの時間を工房で過ごしました。相変わらず木彫荒彫りをやっています。新作の6点屏風のうち、ほぼ全体に大まかな木彫を施しましたが、立体としての量感を捉えて彫り込 […]
  • 週末の展覧会巡り 今週末は2日間とも展覧会を巡ります。秋は見たい展覧会が目白押しなので、制作を中断して出かける予定を立てました。今日は東京汐留ミュージアムで開催中の「モローとルオー」展、それから工房に出入りしている美 […]
  • 三連休 仕事と美術鑑賞 三連休の最終日ですが、午前中は止むに止まれぬ仕事が入っていました。結局、三連休はいずれも職場関係の仕事が半日程度あって制作がままならない状況でした。今日の午後は工房には行かず、東京の美術館を家内と見 […]
  • 週末 制作と鑑賞の狭間で… 自分の制作には思索あり、他の作品の鑑賞もまた思索あり、で制作時間に追われているのは重々承知の上で、今日の午後は美術館に出かけてしまいました。午前中は午後の時間を空けるため、木彫の作業に集中力をもって […]

Comments are closed.