10月RECORDは「塔」

新作「発掘~層塔~」を作り始めているせいか、いつも塔のイメージが脳裏を過ります。「発掘~層塔~」のイメージは固まっていますが、塔には様々な形態があり、また造形的刺激を受ける建造物も多いのです。塔は見上げると天に近い崇高な雰囲気や、頂上に登れば周囲を俯瞰できることがあって、軍事的必要性や宗教的意図もあったと思います。西欧で暮らしていた若い頃に、どの街にも広場があり、広場に面したところに寺院や教会の塔が建っていることが、街を散策する上での目印にしていました。街の周囲を囲む堅牢な石壁と中央に位置する塔のある都市構造が、たとえそれが幾多の戦争により必然としての戦時体制を物語っていたとしても、日本人の自分には美しい都市景観として眼に映りました。そんな訳で今月のRECORDのテーマを「塔」にしました。世界に残る様々な塔建築をイメージの基盤に据えて、さらに幻想を膨らませ、日々小さな作品をやっていきたいと思います。

関連する投稿

  • 8月RECORDは「みわたす」 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っています。毎晩食卓で飼い猫のトラ吉に邪魔されながら制作しています。5日間を連作にして展開する絵柄にしていますが、具象から抽象まで表現方法はさまざまです。年間 […]
  • 11‘RECORD9月とLandscapeアップ ホームページに作品を掲載しました。アップした2011年RECORD9月分は、毎日1点ずつ作っている葉書大の小さな平面作品のことで、今を遡る約2年前の作品です。この頃は三角形を土台にデザインを加え、建 […]
  • 現行と次作がスイッチする5月 創作活動には大変好ましい季節になりました。工房にストーブも扇風機も必要としない5月は、現行の制作と来年に向けた制作が入れ替わる快い季節です。図録の撮影をする今月11日が今年7月に個展に出品する作品の […]
  • 5月RECORDは「隙」 「隙」は隙間という単純な意味から、不和であったり、油断することであったり、マイナスイメージを連想するコトバです。RECORDは視覚的な構成要素に置き換えるので、心理的な表現を追求することに、たとえば […]
  • イメージの醸成を待つ 先日、今年7月個展で発表する新作の撮影を終えたので、これから図録の編集に入ります。まだ「発掘~層塔~」のやり残した仕事もあるというのに早くも来年発表する作品のイメージが固まりつつあります。前にNOT […]

Comments are closed.