週末 制作サイクル遂行

来週の三連休に仕事が入っているため、今週末は出来る限り、新作の陶彫制作を進めていこうと思っていました。先週のウィークディの夜も工房に通っていて、夜にも関わらずタタラや成形をやっていました。これは制作サイクルの辻褄合わせで、三連休に時間が取れない分をウィークディや今週末でやろうとしているのです。なかなか厳しい措置ですが、意欲が打ち克っているので、今のところは何とかやっていけそうです。今日もギリギリまで頑張っていました。彫刻は精神の産物だとつくづく思うのは、制作時間が長くなると肉体より頭脳がつらくなることです。頭の中がまわらなくなるのです。ただ身体だけを動かしている労働より、頭の中でイメージを辿りつつ制作する方が疲れます。それは作業全般に亘って神経を使うためで、フォルムに緊張感が出たり、逆に緩慢になったりするのは精神の成せる業ではないかと思うのです。緊張感や集中力を伴うと自分は歯を食いしばる癖があって、顎が疲れているのに気づくことがあります。8時間を超えると身体の疲れが顕著です。そこを突破するためには心の修練が必要なのかもしれません。短期決戦では作れない彫刻は、一気呵成に行うことが出来ず、緊張感や集中力を維持していく必要があるので、心の持ちようが出来不出来を決めると思います。ミケランジェロがどの芸術よりも彫刻表現を優位と見なしていたと、ある書籍で読んだことがありましたが、わかるような気がします。ひとまず今日は朝から始めた陶彫制作を8時間を超えた夕方6時に止めることにしました。秋の日は釣瓶落としで工房の周囲は真っ暗になっていました。

関連する投稿

  • 「若林奮 仕事場の人 展」 10年前に逝去した彫刻家若林奮は、今も立体やドローイングで自分を魅了し続けています。先日行った多摩美術大学美術館での「若林奮 仕事場の人 […]
  • 夏気分を惜しみながら… 今日で8月が終わります。月が変わることに郷愁を感じるのは夏の特徴かもしれません。開放感あふれる夏だからこそ流行り歌にもなり、移ろう夏気分を惜しむ情景になるのだと感じます。今月の創作活動を省みると、と […]
  • 充実していた11月 11月の最終日になりました。今月を振り返ると、勤務を要しない日が10日間あり、創作活動に邁進していました。背の低いテーブル彫刻の天板の設置、テーブル上部に置く陶彫部品の仕上げと焼成、背の高いテーブル […]
  • NOTE(ブログ)2000に到達 NOTE(ブログ)は2006年3月16日から書き始めて、今日で2000の原稿をアップしたことになります。ほとんどが美術に関するもので、制作日記や素材への関わり、芸術家に関する雑感等を書いています。と […]
  • アトリエの再現 芸術家が作品を生み出す場所や周囲の環境に覗き見的な興味を私は持っています。学生の頃も大学の一角を使って、彫刻科の先生方が真摯に制作されている現場を垣間見て、自分の意欲を高めたりしていました。東村山市 […]

Comments are closed.