前期式枯山水と後期式枯山水

日本庭園を鑑賞する時、自分は全ての枯山水を同一視していましたが、「枯山水」(重森三鈴著 中央公論新社)を読んでいるうちに枯山水の歴史に触れ、時代とともに枯山水の形式が移り変わってきたことを知りました。前期式枯山水は平安時代、後期式枯山水は鎌倉時代から室町時代に至っており、自分の美意識に刺激を与える枯山水は室町時代末期に作庭されたものが多いことに気付かされました。本書の文中では「前期式枯山水は~略~池や遺水に直接関係のない石組本位の庭が指されていて、いわば独立した庭園ではなく、まだ池泉庭園や、遺水の庭園が全盛を極めていた時代において~略~(池泉に直接関係のない場所に)築山などが軽く作られた場合」のことを前期式と定義しています。「石庭に興味がもたれ、それが墨画としての山水画に影響され、又はそれが禅宗教義にも、武家好みにも投じるところから、水を全然用いない庭園が出現し、石を主題として、これに白砂などを敷き詰め、枯れた庭という意味から、白砂を水に見立てて、仮の庭とする結果」が後期式となります。有名な竜安寺石庭は後期式枯山水という訳で、模擬風景を創作したところに、現代における場の彫刻や空間造形に通じる概念があるとも考えられます。自分の亡父が造園を生業にしていただけに庭園に関する興味は尽きません。

関連する投稿

  • 陶磁器から芸術作品へ 「『走泥社』を結成した若手の陶芸作家たちは、陶磁器を芸術作品にした。画期的なことだった。彼らは精緻な陶芸品を作る卓越した技術の持ち主だった。彼らの作品、実用を旨とする美術品、工芸品が『帝展』や『日展 […]
  • 魂の誕生について 魂とは何か、創作活動や芸術行為に頻繁に出てくるコトバで、事実私もよく使います。魂は目に見えるものではなく、精神世界に属し、生命の証しとして存在すると私は思っています。この私の解釈は正しいのでしょうか […]
  • 12月に期待すること 早いもので2016年も残すところ1ヶ月となりました。12月は先月以上に充実した1ヶ月にしたいと思っています。今月末には、今月から来月にわたる6日間の休庁期間があります。毎年この休庁期間をフル活用して […]
  • 7月の制作目標 1年は1月元旦から始まり、12月31日の大晦日で締めくくります。職場では年度切り替えのため、4月1日から始まり、翌年の3月31日で締めくくります。私の創作活動における暦は、今月が1年間の締めくくりに […]
  • 爽やかな5月に… 5月になりました。爽やかな季節になって、凌ぎやすい気温の中で創作活動に拍車がかかりそうです。私は暖かくなるこの時期にヴァイオリズムが上昇するらしく、制作に活気が出てきます。今月はゴールデンウィークと […]

Comments are closed.