創作活動の連帯感

自分が大学で彫刻を学んでいる時は、同じ志を持った多くの仲間がいました。当時は仲間の習作に刺激を与えられ影響も受けました。大学卒業とともにそうした環境が失われ、その後は自分一人で制作する日々が続いています。大学時代の仲間は地方に住んで制作をしているので滅多に会えず、今夏の個展の時に久しぶりに旧交を温めた次第です。その中で自分の後輩が、自分に近い環境で制作していて、たまに工房を訪ねてきます。彫刻は個々の創作活動ではありますが、後輩との連帯感を持てることの幸せを感じるのです。池田宗弘先生との師弟関係も自分にとっては大切ですが、まずは同じ市内に住み、同じ二足の草鞋生活を送る後輩から自分は元気をもらっています。後輩は廃材となった生徒机の天板を素材に使う木彫家です。二科会に応募を続けていて、今回も入選を果たしたので彼の新作を見に行きました。積層の木材を彫り込み、蔦が蔓延るような有機的な生命体を感じさせ、紐状に彫られた部分は束ねられたり、解かれたりして空間を縦横に走ります。今回注目したのは紐状の形態に囲まれた内臓空間です。H・ムアの彫刻以来、空洞のある彫刻は珍しくなくなりましたが、作品を軽やかに大きく見せられるので、空間の扱いとしては有効だと思います。彼がますます発展していくように願って、東京国立新美術館を後にしました。

関連する投稿

  • GW 「発掘~座景~」柱の木彫終わる 今日からゴールデンウィークの5連休が始まりました。初日である今日は「発掘~座景~」のテーブルを支える柱の木彫を終えました。「発掘~座景~」はテーブル彫刻です。そのテーブルを支える柱は16本あります。 […]
  • 週末 制作と鑑賞の狭間で… 自分の制作には思索あり、他の作品の鑑賞もまた思索あり、で制作時間に追われているのは重々承知の上で、今日の午後は美術館に出かけてしまいました。午前中は午後の時間を空けるため、木彫の作業に集中力をもって […]
  • 12月に期待すること 早いもので2016年も残すところ1ヶ月となりました。12月は先月以上に充実した1ヶ月にしたいと思っています。今月末には、今月から来月にわたる6日間の休庁期間があります。毎年この休庁期間をフル活用して […]
  • 木彫「進化の過程」 朝日新聞の美術評によると「古い民家を思わせる木彫シリーズだが、今作では地虫のような形に。題名と合わせて見ると、はいつくばってでも前に進もうとする、作家の意思表明ともとれる。老いるにつれ、できること […]
  • 意匠に思いを寄せて 現在、自分の創作と呼べるものは陶彫・木彫による彫刻作品とポストカード大の平面作品RECORDだけです。横浜市公務員という身分保障があって、週末だけで制作をしているのですから、これ以上は時間的に厳しい […]

Comments are closed.