ETV特集「ガタロさんが描く町」

先日、NHKのテレビ番組で異色の画家を取り上げた特集を組んでいました。先月深夜に放映されて家内がたまたまその番組を見ていたのでした。それは団地の清掃員をやっている60代男性の生きざまを取材したもので、清掃用具庫の一角にアトリエを構えていて、その描いている絵の迫力が凄いと家内は言っていました。先週の土曜夜11時にETV特集選として再放映されるのを新聞で知って、私も見てみることにしました。ガタロさんは広島の団地内にある商店街の清掃員で、トイレの便器をひとつずつ丹念に掃除する映像が流れていました。番組の前半は雑巾やモップで懸命に掃除する姿が、社会の底辺を這うようにして描かれていますが、後半になると奥さんとの家庭生活や表現手段としての絵画制作があって映像に若干変化が出てきます。汚物を処理するモップ等清掃用具に愛着を感じ、拾ってきた描画用具で、清掃用具をモチーフにして素描しているガタロさんの姿が印象的でした。数百点の原爆ドームを描いた絵や、ホームレスの男性を描いた絵も迫力に満ちて作者の発言より雄弁です。絵にしたい動機、迸る筆致、身近な道具を愛おしむ感情が剝き出しになって表れていて、久しぶりに秀逸な作品を見た気がしました。

関連する投稿

  • 連休3日目 後輩の結婚式 今日は後輩にあたる人の結婚式に招かれました。私は新婦との関わりがあって式に参列しました。彼女は国語科の教員ですが、ずっと油絵を描いていて、なかなか優れた力量をもっています。画家を目指してもよいと思う […]
  • 三連休初日 過密スケジュール 三連休になりましたが、今日はスケジュールが過密でした。NOTE(ブログ)は日記としての役割があるので、今日は自分の記録として書くことにします。まず朝7時に工房に行って1時間程度彫り込み加飾をやりまし […]
  • ナイーヴ・アートの村を訪ねた頃 以前のNOTE(ブログ)にも書いた記憶がありますが、旧ユーゴスラビアの村にナイーヴ・アートの制作現場を訪ねたことがあります。昨日アップしたNOTE(ブログ)で思い出しました。村の各家庭で農閑期に絵画 […]
  • 週末 母の用事&美術館散策 やっと待ちに待った週末になりました。今日は予定がいっぱい詰まっていました。明日の陶彫成形に備えて、早朝から工房に出かけ、タタラを4枚用意してきました。タタラは厚さ1cm、大きさは座布団大になるように […]
  • 「一銭五厘の旗」を読み始める 「一銭五厘の旗」(花森安治著 […]

Comments are closed.