HPのGALLERYに「混在」アップ

地球規模の地図を見ていたら、森林を開墾しながら街が菌のように広がって、まるで傷口にかさぶたができたように思えました。例えが悪いのですが、私たちの住む都市は俯瞰すると決して美しくはなく、宇宙から青く見える地球が傷だらけになって病んでいるようにも感じました。日本では原発の汚染水の処理が大きな問題になっています。他国も大なり小なり環境汚染の問題がないとは言えません。これは地球にかかるストレスでしょうか。地震や津波、火山の噴火は人的影響が全てではないことは承知の上で、やはり地球規模の地図を見ると、あれもこれも人間の仕業と思えて仕方ありません。「発掘~混在~」は制作中に東日本大震災が起きました。震度5強でも陶彫は落ちて割れることはありませんでしたが、その後の大震災の状況を見るにつけ、陶彫部品を多少差し替えて全体イメージの変更を行いました。ホームページのGALLERYに「発掘~混在~」をアップすることになり、当時を思い出しました。最後に付け加えた短文に、自分が見た地図のことを念頭に入れてコトバを捻り出しました。ホームページのGALLERYに入るには、このNOTE(ブログ)の左上にある本サイトのアドレスをクリックしてください。扉の画像が出てきますので、GALLERYをクリックしていただけると入れます。ご高覧いただけると幸いです。

関連する投稿

  • HPのGALLERYに「群塔」アップ 昨年制作した「発掘~群塔~」をホームページのGALLERYにアップしました。無数の塔が連なって点在しているイメージは、一昨年の「発掘~層塔~」を制作している頃からありました。塔の点在を屏風と床置きに […]
  • 「発掘〜円墳〜」ギャラリーにアップ 今年の個展(ギャラリーせいほう)で発表した「発掘〜円墳〜」がホームページのギャラリーにアップしました。陶彫によるテーブル彫刻です。テーブルの中央に穴があって、そこから覗いた写真が2点あります。カメラ […]
  • 新しいLandscape&RecordをHPにアップ このNOTE(ブログ)を含むホームページは、自分にとって造形作品を発信する上で重要なアイテムです。24時間ウェブギャラリーを公開しているので、端末機があればどこでもいつでも見ることが出来ます。ホーム […]
  • 光と闇の演出 立体作品は照明をどう当てるかで見え方が変わります。穴だらけの陶彫から光がこぼれ、あるいは壁に投影されると空間はさらに広がりを感じさせます。陶彫ランプシェードは作品に光源が内蔵されるので、そこから放た […]
  • 漆喰と砂 立体造形の表面処理で、陶彫は窯から出したままの状態で使う場合が多いのですが、木の場合はいろいろ考えます。HPのギャラリーのアップしている「構築〜距離〜」という作品は、門やピラミッドを木で彫って作り、 […]

Comments are closed.