「縄文の音」を読み始める

先日まで読んでいた書籍で縄紋文化に興味が出てきて、次なる書籍を探そうとしていたところ、自宅の書棚に以前購入した「縄文の音」(土取利行著 青土社)を見つけ、これを読むことにしました。いつ購入したものか忘れていますが、まだ読んでいないことだけは確かです。「縄文の音」では「縄紋」の表記を「縄文」にしているので、これからは「縄文」という文字を使います。縄文時代には優れた造形美術が発掘されていますが、音楽や演劇、宗教行事に関しても優れていただろうことは想像がつきます。人が演じる媒体だけに記録が残っていないというだけで、残存している美術だけが突出していたとは考えにくいのです。本書に描かれる音響の再現を通じて古代に思いを馳せてみたいと思います。著者は打楽器奏者で考古学者ではありません。学者の協力を得て実際の音に触れる機会があると思います。縄文人の心を知るには、学術的な研究だけではなく、芸術芸能に携わる人がその知識や感覚を駆使して臨むのが良いのではないかと思います。通勤時間帯の読書が楽しみです。

関連する投稿

  • 西洋の没落「音楽と彫塑と」そのⅡ 表題の本書の持つ難解な論理に慣れてきたとは言え、いまだ理解に苦しむ箇所も多々あります。朝の通勤時は比較的頭に入り、夜の帰宅時はボンヤリと目で文面を追うだけになってしまいます。「西洋の没落」(O.シュ […]
  • 週末 展覧会&叔父の音楽会 先日、日本やインドの仏像展に出かけて、先週はその感想をまとめていましたが、今日は一転してバタ臭い展覧会に足を運びました。と言っても制作を休むわけにはいかず、朝6時から7時半までの1時間半を陶彫の彫り […]
  • クラシック音楽を聴く機会 20代の頃にオーストリアの首都ウィーンに住んで、リング(環状道路)沿いにある国立歌劇場に毎晩通っていました…と、書くと自分はいかにも文化意識が高く、経済的にも恵まれた、どちらかと言えば鼻持ちならない […]
  • 週末 AM木彫 PM美術館散策 今日は野暮用があって早朝職場に顔を出し、残りの時間を工房で過ごしました。相変わらず木彫荒彫りをやっています。新作の6点屏風のうち、ほぼ全体に大まかな木彫を施しましたが、立体としての量感を捉えて彫り込 […]
  • 勝手なイメージの重複 自分の中では記憶した時代が異なるのに、2つのモノの間に勝手なイメージの重複がある場合があります。たとえば大学時代に西武美術館で見た「エゴン・シーレ展」。展示作品の中に「小さな町」(1912〜13)と […]

Comments are closed.