9月RECORDは「渦」

今月のRECORDのテーマを「渦」にしました。渦巻紋や直弧紋のことを先日来よくNOTE(ブログ)にアップしていますが、実際に図版資料をもとにキュビズム紋と言われる直弧紋を自分なりに試みてみたい意欲に駆られていて、9月初めから取り組んでいます。まず、古墳の直弧紋を模写し、それに基づいて随時展開しています。渦巻紋は古代人の気持ちになって取り組んでみたいのです。また、現代の芸術家で言えば、ウィーンにいた頃にお会いしたことのある故F・フンデルトワッサーのオートマティックな渦巻きが画面いっぱいに描き込まれた作品が目に浮かびます。過去、自作の陶彫にも渦巻きを彫り込んでいます。渦巻きは自分にとって大好きな意匠のひとつで、成形した陶彫に彫り込み加飾をしようと思うと必ずや渦巻きのイメージが出てくるのです。RECORDとは一日1点葉書大の平面作品を作ることを称していて、文字通り日々のRECORD(記録)です。渦巻きの古代太陽神信仰を重ねながら、さらに渦巻紋を楽しんでみたいと思います。今月も日々頑張ります。

関連する投稿

  • 「The Klee Universe」 パウル・クレーの作品集を折に触れて眺めています。「The Klee […]
  • RECORDとP.クレー このところRECORD制作に熱が入っています。何か新しい表現をしているわけではなく、意識が変わったように思えます。契機になっているのは先日見に行った「パウル・クレー […]
  • 詩人の死生観について 「ぼくは死は生と地続きだ思っているんです。肉体は服を脱ぐように脱げるもので魂は生き続ける。だから、妻や友人たちを思い出すということは、彼らが、俗世間で生きているぼくたちとは違う形で生きているんだと思 […]
  • Spazierenの文字入りRECORD Spazierenはドイツ語で「散歩をする」という意味です。20代の頃にウィーンで暮らしていた時は、毎日Spazierenしていました。Spazieren以外にすることがなかったと言った方が正確なと […]
  • 人体塑造からの転位 Ⅱ 先日のブログ「人体塑造からの転位」の続きです。現在自分の彫刻作品は、ロシア人画家カンディンスキーが提唱した非対象という意味で言えば非対象でも抽象でもありません。形態の基本となる要素を抽出している点で […]

Comments are closed.