週末 新作の雛型作り

来年の個展に向けて新作に取り組んでいますが、地を這うカタチは順調に進んでいます。もうひとつの塔を形作る集合彫刻は、構造体になる木組みを考えなければならず、紙で雛型を作ってから取り組むことにしました。雛型は簡単なものにしようと思います。構造だけ把握できればいいので雛型に凝ることはしません。雛型は雛型として展示可能な作品になると自分は思いますが、今回作る雛型はあくまでも制作メモのようなものとして考えるつもりです。ただ、時間があれば凝った雛型を作りたいと以前から思っていて、雛型を中心にした立体造形小品展を将来やってみたいのです。大きくした作品をイメージしながら作る雛型の楽しさ。自分勝手な広場の設計や街路に置かれた幻想的な造形を満喫できる雛型の楽しさ。今日雛型を作り、そこから材料を割り出し、そろそろ実作に入りたいと考えて、雛型は10分の1サイズで作りました。紙で斜めになった長細い台形をいくつも作り、それを部品として円錐状に取り囲む構造にして、円錐の先端は敢えて作らないイメージにしました。絵画で描かれたバベルの塔のように塔建設を中断した状況を作ろうとしているのです。雛型から割り出した厚板は16枚あります。実寸の厚板材は当然乗用車では運べず、店でトラックを借りることにしました。ギャラリーへの搬入を考えると台形の板材16点は分解できるようにしようと思います。それぞれの厚板に陶彫部品をボルトナットで接合していく予定です。いよいよ塔の制作に動き出しました。

関連する投稿

  • 造形の素材変換 かつて木彫によるテーブル彫刻「構築~包囲~」と「構築~解放~」を作りました。サークル状の厚板を複数の細い柱で支える構造で、量というよりは線と面で構成される軽やかな作品として作ったつもりです。この作品 […]
  • トレーニングに関する雑感 スポーツにはトレーニングがつきものですが、創作行為や物事の発想にもトレーニングが必要だと感じます。創作における日々のトレーニングは、イメージ力を高めると確信しています。私の場合のトレーニングはREC […]
  • 実材としての土 20世紀の近代美術が写実から心象へ、その表現が求めるモノが変化していったのは近現代美術史を紐解けばよくわかります。モンドリアンの抽象絵画も写実を純化した結果見いだされた表現です。自分は学生時代は大学 […]
  • 週末 陶彫の難しさ実感 今日は朝から夕方まで工房に篭って制作三昧でした。今日は新作陶彫の成形を行っていましたが、改めて成形の難しさを実感しました。陶芸は電動ロクロの技術に熟練を要します。何度も同じものを作っていくうちに手馴 […]
  • 甲虫類のような立体造形 陶彫による立体作品が昆虫、なかでも甲虫類の雰囲気がすると、個展に来ていただいた人から指摘されたことがあります。昨年発表した「発掘~赤壁~」や今年の「構築~瓦礫~」の曲面を多用した作品に、そうした生物 […]

Comments are closed.