半日休暇を取って遠方の美術館へ

昨日見た幽霊や妖怪の展覧会の後で、墓に関する彫刻や建築の展覧会は夏らしい涼を感じさせるものですが、「墓は語る」という表題のついた展覧会は前から行こうと決めていたので納涼の意図はありません。同展を開催中の武蔵野美術大学美術館は、自分の職場や自宅から遠距離にあるので、今日は5日間ある夏季休暇の半日を使って見てきました。工房スタッフの一人が同大工芸工業デザイン学科に在籍しているので、大学が夏休みに入っているかどうかを確認したところ、まだ通信教育課程の授業をやっているというメールが返ってきました。今日は午前中は職場に行って、午後になって横浜駅から東京都小平市に向けて自家用車を走らせました。大学構内にはまだ一般学生の姿があって、制作に勤しむ学生も見かけられました。彫刻棟の1階にある木彫工房が開いていたので中を覗き込んできました。一人の学生が木材を運び込んでいましたが、天井は高く空間が広くて立派な設備に溜息が出ました。「墓は語る」展は大変面白くて気分的には満足しました。詳しい感想は後日にしますが、彫刻が土の中の隠された場所に存在するのは、自分の作品にも通じるものがあり、さらに言えば作家の死生観さえ感じることが出来る展覧会だと感じました。

関連する投稿

  • 週末 梱包開始&美術館散策 今日から個展のための梱包作業に入ります。まず「発掘~座景~」の4枚の台座をシートに包みました。シートの内側にはエアキャップをガムテープで貼り付けています。台座に施した砂マチエールが痛まないように作品 […]
  • 「江口週 彫刻/デッサン」展 木彫家江口週は、いわゆる日本の伝統的な木彫とは異なる世界観を持つ彫刻家です。木材を構成する造形作家と言った方がいいかもしれません。難波し大海を漂った巨大な木造船の残骸が渚に打ち寄せられて、その大いな […]
  • 週末 木彫三昧 今日は朝8時から夕方4時まで工房にいました。「発掘~群塔~」の木彫が始まっていて、今日は8時間近くを木材を彫って過ごしました。言わば木彫三昧で、工房のあちらこちらに木屑が飛び散っています。まだ粗彫り […]
  • 週末 木彫らしく… 今日は朝8時から夕方4時までの8時間、工房で木彫をやっていました。外では親戚の叔父が若い庭師を2人連れてきて、工房周辺の植木の剪定をやっていました。工房は植木畑にあるので、時折父方の親戚が隣接する家 […]
  • 市民ギャラリーのグループ展 横浜市民ギャラリーのグループ展に行ってきました。自分の後輩たちが出品しているのです。今日が最終日ということで彼らに会うのが楽しみでした。ひとりは木彫をやっている作家で、昨年二科展に出品していました。 […]

Comments are closed.