夜の作業で彫り込み加飾

この時期は公務の仕事が若干減ることもあって心に余裕が出来ます。そのおかげでウィークディの夜に工房に出かけて制作をしようという意欲が生まれます。職場での仕事にも緩急があって、夏季休暇をそれぞれの職員がフレキシブルに取ることで、現在は仕事が少なめになっているのです。ウィークディの夜に工房に出かけられる幸せを感じながら、今晩は比較的単調な作業をやることにしました。陶彫における土練りや成形は長時間の確保が必要なため、時間を自由に使える週末に行い、彫り込み加飾は単調でありながら丹念に行う作業なので、夜でも可能と思っています。加飾はいつでも中断することができるし、蛍光灯の照明が緻密な作業を行うのに向いています。現在、地を這うカタチの彫り込み加飾をやっています。小さな矩形の繰り返しを彫っていて、ちょうど碁盤の目のような凹凸が出来ています。機会あるごとに夜の作業を続けていきたいと思います。

関連する投稿

  • 週末 8月最後の制作日 今年は残暑の時季になっても猛烈な暑さがあって、空調の無い工房には長く留まれない日々が続いています。今日は8月最後の日曜日で、制作目標からすれば遅れ気味になっていますが、サウナ風呂のような工房にいると […]
  • 週末 夏季休暇をどう過ごすか? 明日から夏季休暇を取ります。来週は島根県2泊3日と山形県1泊2日の旅行へ出る計画です。島根県へは飛行機で、山形県へは新幹線で行こうと思っています。例年東南アジアへ旅立っていたのですが、今年は国内旅行 […]
  • 週末 休息を入れながら制作再開 昨日までの一週間は島根県や山形県に出かけていて、楽しかった分、疲労も溜まりました。今朝は飼い猫のトラ吉を預けた近隣にある動物病院へ行きました。そこはホテルを兼ねていて、大変重宝しているのです。果たし […]
  • 週末 もうひとつの塔へ 新作は陶彫部品の集合体による塔を2つ作り、それらが床で連結していくイメージがあります。塔の土台から根が這い出して次の塔へ繋がっていくのです。2つの塔の土台の床に接する広さはほぼ同じですが、高さが異な […]
  • 連続して制作が可能な日々 「働き方改革」により今年は職場が長めの休庁期間を設定し、私も夏季休暇5日間の他に年休をいただいて、今週は創作活動に邁進しようと思っています。連続して制作したのは年末年始の休庁期間以来です。たとえ数日 […]

Comments are closed.