「地殻」からの展開を考える週末

個展が終わり、来年に向けて気持ちを高めています。「発掘~地殻~」の世界をさらに煮詰めていこうと考えていて、一部制作を始めています。ギャラリーの床面を使った地を這うカタチと、斜めにした板材に陶彫部品を取り付けて、それらを円錐状に構成して大きな塔を形作る集合彫刻を考えています。そして陶紋数点を加えた作品群が、来年に向けたイメージで、ギャラリーせいほうの床面積を考えながら、その大きさを割り出しています。個展も9回目ともなれば、ギャラリーの空間がしっかり頭に入っているので、大きさを考えるのには好都合です。「発掘~地殻~」の展開は、曲面による陶彫部品に彫り込む文様加飾を、古代史を基にしていくことで、感覚としての象徴と知覚としての史実を融合させることで一歩先へ進めるのではないかと考えます。作品の発想の源を、自分の若い頃の記憶の断片から発展させて、古代民族のルーツの資料を礎にする方法へ変換していきたいと考えています。これは折に触れて、NOTE(ブログ)でも発信していきたいと思います。

関連する投稿

  • 風薫る5月初め 5月になりました。今日と明日は通常出勤なので、今日は連休に挟まれているものの職場でしっかり仕事をしています。この時期は重要な調査を抱えているので、2日間の出勤はやむを得ないと思っています。5月は風薫 […]
  • 6月の制作計画 6月になりました。梅雨の時季を迎えますが、じめじめして湿気の多い毎日は好きになれません。でもこの季節が陶芸には最適で、土がゆっくり乾燥するので、ひび割れが少ないのです。今月は来年に向けて新作を進める […]
  • 6月の終わりに… 雨が降ったり猛暑に見舞われたり、6月は体感的には快い1ヶ月ではありません。それでも比較的充実した制作が出来たのは、陶彫という表現と陶の素材によるものだと思います。陶土は湿度が高いほうがゆっくり乾燥し […]
  • 2014個展の最終日 東京銀座のギャラリーせいほうでの9回目の個展が、今日最終日を迎えました。今年展示した「発掘~層塔~」の陶彫部品は今までの最大数を誇り、評判もまずまずでした。「発掘~層塔~」と「発掘~増殖~」を合わせ […]
  • 7月 猛暑の予感 7月になりました。このところ暑い日が続いています。今年の夏はどんな夏になるのでしょうか。猛暑の予感がしますが、節電のことが気にかかり、爽やかなイメージを持てません。今年も7月に銀座のギャラリーせいほ […]

Comments are closed.